原田真裕美の魂ブログ/ Mayumi's Intuitive Blog

tamashii11.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

がまんしないで、進むこと

こうやって振り返ってみると、
生と死にサンドイッチみたいに向き合わされてきた10年間。
だからこそ、生きていけることに大感謝、
とにかく感謝の気持ちで過ごせた10年間でした。

苦境の真っただ中にいる時、
何もしないで、ひたすら我慢すると、
それは苦しみになり、
何でもいいから、それと対応することを
精一杯全力でやると、
それが感謝の気持ちに変わっていくのです。

じっと我慢しないといけない状況の中でも、
別の道を開拓するべく
いろいろやっていくことが大切なんです。

地面に叩き付けられたり、
どん底に落ちたままの状態になっているときは、
ここでさらに地球の中心に向かって
根っこを生やしていっているとイメージしてください。

今自分が求めている将来を築き上げていくには、
今ある土台では足りないということです。
落ち込んでいる間に「根性」が養われていくのですヨ。
落ち込んだ気持ちを溜め込んで足場を固めていきましょう。
落ち込んだ気持ちを誤摩化していてはダメです。

落ち込む気持ちでポッカリ空いた心の穴を
ドドーンと満たしてくれる何かを探してみてください。

ドン底にいるからこそ可能な進化のしかたってあるんですよ。
[PR]
by haradamayumi | 2014-10-13 21:07 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(20)

オンライン

先週より、オンライン予約のご案内を
積極的にお送りさせていただいております。

とにかく、2004年から毎日のように
メールでお問い合わせをいただいておきながら
返信が追いつかず、本当に申し訳ない。

えっちら、おっちら、
いただいたメールを確認させていただきながら
ご案内させていただいております。

私の人生にもいろいろあって
大変だった年は特に、お問い合わせメールの対応ができていない。
懺悔、懺悔、懺悔。。。
という気持ちでメールの送信ボタンを押しておりますよ。

ざっとこの10年を振り返ると、

2003年〜2004年、母の闘病と看取り、
2005年 出産
2006〜7年、義母の膵臓がん治療開始
2008年 出産
2009年 夫の心筋梗塞、引っ越し、日本行き
2010年 義母の死去
2014年、乳がん治療

とまあ。。。息つくヒマもなくイロイロと
やってきてくれますワ。

そんな私を前向きに突き進ませてくれているのは、
リーディングセッションと子育て、執筆をさせていただけるからです。
それと、
何があっても生活の営みが止まらないようにする。
どんなに不幸のどん底にいてもホリデーやお誕生日を祝う。
そういったことに、こだわります。

人生の流れが落ち込んだような時も、
自分は盛り上がるという。
これは意識的に習慣化させた術ともいいましょうか。

寒くなるにつれ、
心があたたかくなることをしましょう〜
[PR]
by haradamayumi | 2014-10-12 04:42 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(7)

サバイバーの道

日本は台風上陸とのことですが。。。

人生に災難はつきもので、
それと共存していくことが人生でもあるのですが。

東京のデング熱騒動があったと思ったら、
こんどはエボラ熱騒動。
でもニューヨーカーたちは普通に生活していますので。
怖じ気づかないのがニューヨーカー魂たるもの。

思えば、87年にニューヨークに来てからというもの、
エイズ、狂牛病、911、リーマンショック、中東戦争、
いろいろありましたが、息つく暇もなく、「脅威」のネタが発生していて、
それで学んだのは、
「何があっても、怖がらないで、平静に生き続けること」
です。
「どうしよう!!」と思うときほど、
思いっきり、思いのままに生きるべきなのです。
そうやって、どんどん乗り越えていきましょう。

私も今週も課題の山と取っ組みあいです。
[PR]
by haradamayumi | 2014-10-11 21:07 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(2)

魂新たに10月です〜

延々と続く治療をやっと終えて迎えた9月、
わーい、お誕生日月〜!と、
新たなる寿命をいただいて、感慨深く過ごしていたら
あっという間に10月になってしまいました。
子供達がせかすもので、
我が家はすでにハロウィーンの飾り付けをしました。

それにしても、今年のお誕生日は
あっさり過ぎていきましたが、
すごーく深みのあるお誕生日でした。

よく、占い師のことを
「なんとかの母」とか地名をつけて呼びますが、
私はこれまで、「そういうの、ヤメテクレー」って感じだったのですが、
年齢から考えても、
「ニューヨークの母」って自分で言えるなぁ〜
って実感するようになりました。

本当に、ニューヨークで自分の目標を達成するために
頑張っている皆さんのことを思うと、
それが何であれ、応援してあげたい!!という、
お母さんみたいな気持ちになるんですもの。

ニューヨークだけじゃなくて、
日本でも、世界のどこでも。
幸せに生きたいと頑張っている皆を応援したい。
これが私の使命です。
そう思える人生に大感謝。

ニューヨークに来て、
リーディングをするようになるなんて考えていませんでしたし、
それでオノ.ヨーコさんに出会って
本を出版してその推薦文をいただけるようになることなんて
想像もしていなかったし、

ボイストレナーとして
安室奈美恵ちゃんや、浜崎あゆみちゃんをはじめとする
たくさんのアーティストの方々に会うなんてことも
全く予定も想像も望みもしていなかったことです。

人生というのは、
自分の想像を越えるところで、
いろんな可能性を与えてくれます。
自分の想像できる範囲のことなんていうのは、
本当に狭い、極限られた可能性なのです。

自分の未知の可能性に向かって
人生に引っ張っていってもらうように生きる。

これにはあらゆる覚悟とか、
あれこれ心配しないという開き直りが必要です。

冒険という軌道に乗ったら
行けるとことまで冒険し続けなければいけない。
これを苦しいととるか、楽しいととるか。
そこで、その人の選べる道が決まってきますね。

私の人生は、生れ落ちた時から、軌道を外れていましたから、
そのまま外れたところを生き抜いてきている感じなので、
冒険したくてしてるんじゃなくて、
もともと冒険しても失うものが無かったという、
それはそれでチョイスがなくて楽だと言えるかもしれません。

なんだか長くなりましたが、
こうして、ニューヨークの母みたいな感じになれたことに
大感謝しています。
[PR]
by haradamayumi | 2014-10-04 06:23 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(10)
line

Intuitive advisor's blog from NY / 魂アドバイザーのブログ from NY


by haradamayumi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31