原田真裕美の魂ブログ/ Mayumi's Intuitive Blog

tamashii11.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ダイヤモンドを掘り出しましょう

1日、1日を無駄にしない。

そう考えるだけで、
毎日の生活の観点が変わってきます。

それも「魂的なぶぶんで無駄にしない」と考えると、
自分がやるべきこととか、
ふりまわされるべきでないこととか、
そういうことがハッキリしてきます。

迷いのトライアングルの中に入ってしまっている人のエネルギーって
とっても悪質で、影響力があるのです。
ご本人に全く悪気はなくても、
エネルギーはとってもネガティブで、
それに触れた人のエネルギーがたちまち萎えてしまうくらい。

リーディングセッションって、
悩みの泥水に埋もれている魂を
エイヤ〜!と、引っ張りだすような作業でもあるのです。
泥水の中からダイヤモンドを引っ張りだして洗うような作業とでもいいましょうか。

サラサラ〜っと軽く話しているように感じられるかもしれませんが、
こっちはかなり必死で取っ組み合っているのです。

悩みが吹っ切れている人のセッションは、
そのダイヤモンドを魂の風船に入れて、
どこまでも高く飛んでいってもらえるように
エネルギーをひたすら注ぎ込むような作業です。

悩みのトライアングルに入ってしまっている人は、
そこからとにかく出ることをイメージしてくださいね。
[PR]
by haradamayumi | 2014-07-27 18:32 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(6)

ルーザーな1日。

昨日は負の連鎖と闘う1日でした。
こういう日って時々あって、
「こんな日もあるさ、それにしても結構あるよね」な感じの日でした。

午前中の仕事を片付け、
ジュリアンをオーデションに連れて行こうと
出かける支度をしていたところに
マネージャーさんから電話があって
マイケルも連れていけとのこと。

慌ててマイケルをサマーキャンプから引っ張りだして、
「テニスやりたかったのに〜!」と泣く彼を車に押し込みマンハッタンへ。
ラジオでは、たった今ルート4で事故がありました〜!なんて言っているので、
仕方なく苦手なリンカーントンネルを使って行くことに。
渋滞はなかったのでヨカッタです。

オーデションの場所はフラットアイアン地区。
独身の頃に住んでいたので、
ゴミゴミしていますが、懐かしい場所です。

あっと言う間に終わると思っていたオーディションなのですが
途中で、「ちょっとお母さん、きてください」と呼ばれ...
そんなことはフツーはありえないのですが、
スタジオの中に入ってみると、
ジュリアンがセットの真ん中でつっぷして動かなくなっているではないですか!!

くすぐられるシーンがあって
それが嫌だったそうなんですが...
しょうがないので、固まったジュリアンを
セットから引きずり出し、
機嫌をなだめ、またセットに戻し、
オーディションをなんとか終了。

あー。疲れた。

これで仕事が決まったとしても、コミッションを3カ所に払うので、
税金払って、経費を考えると、金銭的には完全赤字です。
お金のためではなく、経験のためにやってるんですが、
けっこう疲れる経験でもあり...

お母さんは、オーデションに子供達を連れていったご褒美に
その近所のレストランやお店を巡ってプラプラすることを楽しむようにしています。
子供達はご褒美に小さなオモチャを買ってもらえるのが楽しみで。

これが映像とか広告など、影響力のあるメディアを制作することへの関心に
つながっていってくれたら...と思ったりするのですが、

とりあえず、その足でABCカーペットに直行。
a0149367_23131584.jpg
a0149367_23124456.jpg

子供達も大好きな雑貨屋さんです。
う..ここのカフェが人が一杯で、ここで食事をするのはやめて...

ちょっと先のブーランジェリー、Kaiser Masonに行くことにしました。
a0149367_23142511.jpg


このパン屋さん、東京にもあるそうなんですが、
何を食べても、美味しい!
パンを避けている私でさえ、ここのパンは避けて通れない。
けど、いっぱいで入れない〜。
しょうがないからテイクアウト...

そして駐車場へ。

なんと、22丁目の5番街にモンテッソリースクールを発見!
a0149367_23145970.jpg

私が住んでいた頃はクラブしかなかったのに〜。
The Montessori Flatiron うわ、高そう。

その隣にはお気に入りのジュースプレスが。
a0149367_23143787.jpg


お客さんがシャネルバッグみたいな格子の入った
黒いトートを持っている。
オーガニックアベニューのオレンジのトートに対抗していますね。
私、通ってるわりには、もらったことないぞ。その黒のトート!

とか欲どおしいことを考えながら
駐車場についたら、携帯のバッテリーが切れていて
メール転送した割引券が使えない!!
ガクッ!
駐車場の電源貸して!!と交渉する気力もなく。
潔く正規料金を払って...
やられた〜。今日はルーザーな日なんだわ。

てな感じで、

また苦手なトンネルを使って
ニュージャージーに戻ってきました。

仕上げは、放射線治療。
これはなんと、到着してから15分で全て完了。
ここでようやく、今日のカルマがプラスに戻ったような気がしました。

よかった。
[PR]
by haradamayumi | 2014-07-25 22:57 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(5)

朝の空気

この夏は遠出はできなくなってしまったので、
近場を楽しもう〜
今自分がいるまわりの環境を楽しもう〜
ということに決めて、

まずは「朝の空気を楽しむ」
ことにしました。

まずは朝ご飯を外の空気に触れながら楽しむ。
朝の空気って、ひんやりしていて気持ちいいですよね。

まずは裏庭で朝ごはん。
a0149367_225648.jpg

チュンチュン鳥の鳴き声や
庭の隅っこに寝そべる野うさぎの姿に
癒される感じがします。

マンハッタンにいる時は、
近所のレストラン、85丁目のマキアヴェリで
ヨーロピアンスタイルの朝食とか楽しんだりして。
a0149367_22555070.jpg

ここは通りに面した扉が全開なので、
歩道に設置されたテーブルでごはんを食べる感じじゃないのが
気に入ってます。

対面セッションにいらっしゃる皆様、
ここのご飯はおすすめです。
原因不明の消化不良に悩まされた夫も
ここのゴハンは大丈夫でした〜。
a0149367_22553291.jpg

アルカリご飯党の私はグラノーラとフルーツで。

シンプルなことを楽しむ夏にしたいと思います。
ふつうに道を歩いているだけでも幸せ。。。みたいな。
[PR]
by haradamayumi | 2014-07-24 23:42 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(7)

スッキリ気持ちが晴れるアルカリ食

朝夕は涼しい日が続いているニューヨーク近郊です。

健康管理最優先の生活を始めた私は、
アルカリ性のお料理の研究に
のめり込んでおります。

アルカリ性、ヴィーガン、ノーソルト、ノンファット、ノーシュガー。
そういうと、えらい退屈なお料理な感じがしますが、
そーんなことはないのですよ。

穀物の中で、スペルトと粟がアルカリ性だと知って、
さっそく、それらで麺を作ったり、パンを作ったり、
ギョーザの皮を作ったり。
それをお野菜と合わせると、アルカリ性料理に。
レモンや梅干しを使って、アルカリ度や風味を加えたりして
いろいろ楽しめるんですよ。

お砂糖とお塩と油を極力控えると、
食後がスキっと楽になりました。
塩と砂糖をやめると、
野菜などの甘みを味わうことになって、
とっても味覚が敏感になっていくような感じがします。

運を開く事って、
自分を改革していくことだと思うんですけど、
食べるものが改善されると、
確実に気分は改善されますね。
そして発想も改善されるはず。

身も心も、もっともっと軽やかになっていきたいです〜。
[PR]
by haradamayumi | 2014-07-23 09:41 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(2)

でも。でも。でもトライアングル

自分の人生が発展していかない原因になる3つの苦悩

仕事が続かない、または好きになれない
人間関係がうまくいかない
いい出会いがない

これらはですね、
すべて自分が変わらないと改善されません。
基本的には自分のありかたに問題があるのです。

自分はいいと思って、間違ったことを繰り返していたり、
正しいと思ったのに、実は人を傷つけていたり、
頑固に否定的になっている自分がみえなかったり。

自分は正しいと思うあまりに、
自分以外の人にたいして否定的になってしまっている時、
そんな自分に気がつかないのですよ。

何かやろうとして、でも気持ちが定まらなくて、
自分の中で、でも。。。でも。。。でも。。。
と3回繰り返し「でも」で否定するようならば、
その原因は自分にあるんじゃないかと疑ってみましょう。

何事も完璧に自分の思い通りに運ぶなんてことは
ありえないのです。

魂リーディングセッションでは、
この、「でも、でも、でも」のトライアングルの中にスッポリ
入ってしまっている状態から抜け出せるように、
「でも」をひとつずつ、取り外して行く方法を観ていきたいですね。
[PR]
by haradamayumi | 2014-07-21 19:01 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(2)

Warrior Mode

マレーシア機事件のようなことが起こるたびに、
死は突然やってくるという事実をつきつけられます。

死に直面すると、「これを誓いますから長生きさせてください!」
と命を乞うに値する理由は誰にもありません。
真面目に、一生懸命生きてきた人たちが
突然命を奪われる可能性は、いつでも、どこにでもあるのです。

私は、「子供達が小さいから、何がなんでも長生きしなきゃ!」
と思ってますが、そんな理由で寿命は確保できないのです。

ヨガの先生だって、ベジタリアンだってガンになるわけですが、
それでもやはり、前向きに、
健やかな体内環境を整えるために、
毎日きっちり睡眠をとり、運動をし、
食事はヴィーガン+ローフード+アルカリ性食品+減塩+減油脂、
メディテーションに早朝外ヨガ、身体に良さそうなことを
どんどんやって、私は「闘っている」と感じられることが
今の自分にパワーをくれているようです。
Warrior Modeですね。

もっと人生楽しめたのに!!と後悔しないように、
毎日人生を楽しむネタを見つけるだけでも幸せですね。

夏の間、裏庭朝ご飯も始めてみました。
チュンチュン鳥が鳴いていて気持ちいいです。
[PR]
by haradamayumi | 2014-07-19 23:01 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(3)

いくつでもラブラブ

昨日、長年の友人が50歳初婚で結婚しましたよ。
7歳年下の男性と。

「恋に落ちるのに50年かかったわ〜」なんて
こんなに幸せそうな彼女を見たのは初めてです!!
もう25年くらい知ってる人なんですけど。

やはり、幸せな結婚はいくつでもできる!!

ただし、
「この人となら幸せになれそう〜」
って思ってもらえないと、
結婚したいと思ってもらえないですから、
まず自分が自力で幸せであることが重要。

ため息の吹きだまりみたいな状態で、
結婚したいわ〜なんて言っても、
みんな逃げていってしまいます。

人はいくつになっても素敵だし、
いくつになっても恋愛できます。
なので、たかが30、40代で
もう恋愛も結婚もできない〜!
なんて言わないでほしいです。

近所に、連日有名人がサイン会に来る本屋さんがあって、
いろんな人が来てるのに、人が並んでいるのをみるだけでメゲる私です。
スーパーキュートなアポロ.オノが来てたときも
本屋の前を車で素通り...
私って、自分のアイドルに会いに行く根性は無いほうなんですが、
ジミー.ペイジだったら朝4時から並ぶかも!(家族連れて!!)
と、ダンナに本気で話したりして。

魂のアイドル的な人は
人生にたくさんいたほうが幸せに過ごせますよね。

恋愛できない..とか嘆いている人は、
本気で恋に落ちるまで、
根気よく頑張ってくださいね。
いくつになっても、あきらめないでください。
[PR]
by haradamayumi | 2014-07-18 02:48 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(3)

ありがとうございます〜

さっそく励ましのコメントをくださった皆様
ありがとうございます〜。

基本的に、一度も具合悪くなることなく
6月からはセッションを再開しましたし、
元気に過ごしています。

手術も日帰りだったのですヨ。
麻酔が抜けなくて、結局一泊しましたが、
翌朝には帰宅しました。

担当医の先生が最初から、
「これで腫瘍がキレイに取れたら、ただ胸の美容整形しただけ、くらいに思えるわよ。
それが私のゴールで願うところよ」と言ってくれたので、
その言葉に随分励まされました。
確かにバストアップの施術はスゴイ。
こりゃ80才になっても絶対垂れてこない造形になっていますね。
まわりからは「タダじゃ転ばん」と感心されたりして。

「もしかしたら、自分は病気になるんじゃないか、死ぬんじゃないか」
と漠然と思う気持ちがぬぐえない人は
さっさと検査するべきなんだろうな、と思います。
症状が出る前に、直感で感じるところがあったら
さっさと検査して、何か見つかったら、
さっさと治療するしかないんです。
ガンと言われると怖いですが、完治できる人が多いのですから。

ガンじゃなくても、甲状腺腫や、動脈瘤のように、
いつ発症するか、しないかわからない病気が
見つかってしまって、これからどうしよう!!ってことになってる方も
たくさんいらっしゃるのですが、
定期的に検診して、しっかり見張りをしながら、
まるで何もないかのように、これまで通り自分の目標に向かって、
そして無理をしないように、生活を管理しながら生きることが
大切なんだと思います。

私はこうして、ガン患者/サバイバーとしての立場から人生を考えられるようになって
これは大きな課題とか使命をいただいたと思っています。
乳がんもいろいろありますので、今の段階では私のケースなど、
申し訳ないくらい軽症と言える感じなのですが、
精神的に受ける打撃と共存、さらには克服していくために
いろいろ工夫しないといけないことは、
どんな病気をされた方とも共有できることです。

そうなると、特に何も致命的な問題がないのに
あれができない、これがない、などとウダウダ言ってる人には、
「自分の枠を乗り越えましょう。自分が変わっていけるように行動しましょう。
全ての壁は自分が作っているのです。」
と言い切って、それ以上同情の言葉は出て来なくなります。

というわけで、
今回のことで、セッションをしていて無駄な同情ができなくなったというか、
しょーがないですけどね。。。って言えない自分になって、
しょーがないんだけど、何とかしなきゃダメでしょ!!
って言っちゃう自分になりました。
もちろん愛を込めてですが。。。

身体って正直で、
ちゃんと睡眠を取って、運動をして、
炎症の原因になる食べ物を全てやめたら、
スルスルっと5キロ減量できたりして。
このままさらに減量して
生きてる間にどんな服でも楽しめるようになりたいものです。

年を重ねるほどに自由になっていかなくちゃ。
転んで起きるたびに自由になっていきたいです。
[PR]
by haradamayumi | 2014-07-13 00:03 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(16)

生まれ変わる年

子供達は夏休みがはじまって2週間、
ようやくペースがつかめてきたような気がします。

さて、今年はどうやら私にとって
あらゆる解脱、浄化、生まれ変わりの年みたいです。

5月にセッションをお休みしたのですが、
実は乳がんを手術を受けたのです〜。
いろいろ落ち着いてからお話しようと思っていたら
もう7月になってしまいました。

がんと言っても、症状はないので、
苦痛といったら、精神的なダメージだけです。
なので、精神的に落ち込まないように
病気のことを調べて、
自分や子供達の忙しいスケジュールをこなし、
ずーっと元気に過ごし続けるように努めました。

衝撃的ではありましたが、
本当に貴重な学びの時間をいただいたと感じます。

2年前に乳がんと診断されたクライアントさんのリーディングをしながら、
私もそうなんじゃないかな、と感じたんですが、
そのままバタバタしてマンモグラフィーを受けず、
でも今年の2月に、今、絶対行かなきゃ!
と思ってマンモを受けたら、やはり!!
触診してもわからないところに腫瘍がありました。

あれこれ考えたあげく
温存手術をして、この夏は放射線治療をして過ごします。
今のところ、穏やかなタイプのがん細胞だったそうで
転移もなく、このまま再発防止の生活習慣を貫くくらいしか
できることはありません。

診断されてからというもの、
精神的に崖から突き落とされながらも、
落ち込むことはありませんでした。
気分的に落ちることはあっても、
落ち込んだまま動けなくなることは避けたのです。

子供の里親を探すことまで考えたり、
それならば、自分より優れた里親を見つけるぞ!
くらいまで発想は飛躍していき、
でも結局、これですぐに死ぬわけではなく、
私はまだまだこれから生きて行かなきゃいけないことを再認識して、
生活を徹底的に改善することにしました。

こうやって、落ち込むことなく
手術前後を穏やかに、さらには希望いっぱいで過ごす事ができたのは、
家族と、私を全面的にサポートしてくださった友人達のおかげです。
助けてもらったことに対する大感謝の気持ちは、
私を心身魂まるごと、ヒョイと持ち上げて、空を飛ぶかのような気分にしてくれました。

困った時に、しっかり助けてもらう大切さを学びました。

私は食べ物には気をつけていたのですが、
出産してからというもの、睡眠不足と運動不足で、
これも私の細胞を病ませる原因になっているはずです。

これを機会に、
食事はオーガニックの食材で、
グリーン.スムージーをガンガン飲んで、
夜9時には就眠して、毎日運動するように心がけることにしました。

子供達からはジャンクフードを取り上げ、
パンも手作りで、添加物を避けて、
解毒目的で食事をするようにしています。

おかげで5キロ減量、(でも出産前の体重に戻すには、さらに要5キロ減ー冷汗!!)
身体の冷えや、朝起きたときの手足のこわばりが消えて、
肩こりもマシになりました。

自身の生死について考えさせられたおかげで、
私の生活はどんどん改善され、
人生における価値の曖昧なものは今まで以上に吹っ切れた感じです。
リーデングも今まで以上にスキっと明確になったと感じます。

乳がんは10年かけて1センチになるといいますが、
私の腫瘍が10年前に見つかっていたら、
マイケルを産んでいなかったかもしれないし、
5年前に見つかっていたら、ジュリアンを産んでいなかったかもしれないのです。

これで私は新しい使命と寿命をいただいたと思って、
病気と共存しながらも、それをバネにして前向きに生きていくことや、
そのための生活習慣などについて、さらに学んでいきたいと思います。

曖昧なことを言ってるうちに
人生いつ終わっちゃうかも知れないということを
痛感させられたので、
リーディングの際にも、
「わかってるんですけど、できないんです〜」なんて言う人に対して
しょうがないわね...と言えなくなっちゃいました。

私も毎日、新たなる一歩を踏み出すような気持ちでいるので、
自分の限界にぶつかって苦悩している人は
それを改善するためのベイビーステップを
言い訳無しに踏み出してくださいね!
[PR]
by haradamayumi | 2014-07-11 23:04 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(19)
line

Intuitive advisor's blog from NY / 魂アドバイザーのブログ from NY


by haradamayumi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31