原田真裕美の魂ブログ/ Mayumi's Intuitive Blog

tamashii11.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

呼吸ができる感謝

花粉症で声が出なかったんですが
今週はそれも治り、
セッションも通常通りに再開できました。
ホッ...。

鼻水を止めるお薬が効きすぎて、
声帯も渇ききってしまったものと思います。
コワイですね...

まともに息ができないと、
思考能力も激減する感じでした。
いくつも並行してやってるプロジェクトも
さらに停滞!!
ひとりでもがいている感じでしたが、
今はとにかく、普通に呼吸ができることに大感謝。

そう、呼吸ができることに感謝!!
という幸せの原点に戻りました。
うわー、ちゃんと息ができる〜!
大感謝です。
[PR]
by haradamayumi | 2013-05-25 15:57 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(8)

女性手帳

またもやニュースの記事から拾った話題、
女性手帳。

マジそれ????????
って感じです。

戦時中の「産めよ増やせよ」みたいな。
政府がそんなもん作って配ったなんて〜!あきれてます。

若いうちに子供産めばいいってもんじゃない。
子供を産む気をサポートしてくれる
ダンナとか社会とか、
産後の職場復帰の受け入れ態勢とか、
仕事と子育ての両立をサポートするシステムが成り立ってないのに、
産め産めって言われたって...産めるかよ〜!
って、思っちゃいますよね。

今、溺愛する息子達に恵まれて幸せな私だって、
イラク戦争が勃発する中を、こんな世の中に生んじゃっていいのか?
私が親でいいのか?
と疑問に思いつつ、私のわがままで生んじゃうけどゴメンネ!
決死の覚悟で守り育てるからね!!
くらいの勢いで出産しましたから。

キャリアを中断して、
経済的なことも含め、
子育てのあらゆる負担を背負わないといけない女性に、
出産は若いうちに...とか言われても、
キャリアはどーすんの?
生活どうやっていくの?
って、その答えを政府が用意してくれるとは思えません。

雇用上の女性の年齢制限禁止にするとか。
というのは無理だとしても、
女性にとって、35歳という、これから働き盛りの年齢は
出産と育児が一段落した人、
これから出産に望む人、
だから職場からのサポートが必要な時期です。
とにかく改善されるべき課題はいっぱい。

アメリカも保育園はあっても、すごい高いので
共働きでも片方の収入は全部保育園に消えるってのが現状です。
ママカーストで評価される学費が高い日本の私学たって、
こっちのフツーの保育園の費用のほうが、もっと高い。
お金を使ってキャリアを維持せざるを得ないアメリカも
問題山積みですが、

ベビーカー論争にしたって、
日本はまだまだ子育て環境に関しては
大進化を遂げないといけないのは確かみたいですね。

手帳にするんだったら、
改善されるべき環境と、その方法について
全部書き出した手帳にすればいいのに。

日本政府は、こうやって育児環境を改善しようと検討しておりますので、
どうか希望を持って出産していただきたい、ってな感じで。

若い時に生んだ方が身体的には楽なのは
みーんなわかっているんですけど。
そうはいかないんっす。
[PR]
by haradamayumi | 2013-05-22 09:46 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(9)

働くステージママな日々

行ってまいりました、
マイキーの初めてのコマーシャル撮影

初めてとはいえエキストラなので
特に何も心配することはなく...
ちゃんと言う事聞くんやで、とマイキーに言って、
セットに送り出したあとは、
肌身離さずいつも持って歩いている
仕事バッグを取り出して、
撮影は7時間くらいだったので、
余裕で仕事できるやん〜001.gif
お昼も出してくれるし〜
みたいな感じでした。
(最近、学校の行事で関西出身ママ達とお話する機会が増えて、大阪弁話すのが楽しい私です)

やはりいるいる、働くステージママ。
私と同様、コンピューターと書類を取り出して
7時間ビッチリ仕事してるママがいました。
撮影の後は、「これからミーティングなの。車の中で着替えなきゃ」って。
アポを取りまくっていたので、
きっとクライアントさんに会いにいくんでしょうね。
彼女の集中力に学ばされました。
072.gif彼女がその日の魂の親分。

私といえば...近くに座ってたママさんとの雑談に吸い込まれて
あちゃ〜、仕事全然進まへんやん〜
みたいな感じで...まだまだ修行が足りません。

何かを始めるってことは、
手で石畳をトントン、コツコツ創り上げるようなものだという
言い回しがアメリカにはありますが、
本当にそんな感じです。

でも万事がそうだし、
そうであるべきだと思います。
そのトントン、コツコツやるのを愛せないと、
それは自分が進むべき道を造っているのではないって
ことなんだと思います。
[PR]
by haradamayumi | 2013-05-21 19:33 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(2)

ママカースト

またまた日本のニュースの記事で拾った言葉
「ママカースト」
夫の収入や家の広さ、学費の高さなどによって
ママ友内でランク付けされてしまうという。

このカースト思考とか心理というのは、
人間の本能的なものなのかもしれないですね。
私としては魂的生き方には反していると思うんですが。

自分が何を持っていないか、
それを意識することによって
将来の可能性を広げていく意欲に変換するべきだと思うんですが、
何がないからといって、
今の可能性や将来の可能性を封じ込められてしまうような心境に
追い込まれてしまうのは、問題です。

とことんお金をかける生き方もある種の呪縛で
上には限りなく上があるのですが...

昨日、美容院でママ雑誌、VERYを読んだばかりなので、
なぁるほど〜。
昔からそういうのって、ありましたけど、
ママカースト呼ばれるまでに定着しちゃったってことは、
私たちはまだまだ魂の進化をしないといけないなって思います〜。
[PR]
by haradamayumi | 2013-05-18 14:18 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(11)

功を積む

毎年5月は花粉症でシャットダウンする私ですが
今年も例外なく...ついに声が出なくなってしまいました。
ということで、今週末のセッションは予約をお受けしませんでした。
予約希望の皆様、もう少し声が回復するまで
少し御待ちくださいませ...

で、そこへポン!とマイケルにコマーシャルのエキストラの仕事が
舞い込みました〜。
なので、それにステージママとして同行することになりました。
それでなくても忙しくて仕事について行けてないのに、
おまけにステージママな日々が始まってしまいました...
移動しながら外出先で、いつでもどこでも原稿を書く人というのも
板についてきた感じがします。

明らかに、歌や踊りや御芝居が好きな子なのですが、
この業界は基本的にはものすごい下積みやトレーニングが必要で、
だからといって、将来成功するかどうかは、才能があったとしても
全く何も保証されませんので、
親としては複雑な気持ちです。
でもまあ今なら、勉強との両立がしやすいですし、
今のうちにしっかりやって、
「こんな大変なの、もういい」って結論になっても、それはそれでいいかなって。
コマーシャルで一瞬「ニコッ」ってしてるだけのようでも、
そこまで行き着くのがすごい大変なんだヨ!!
ということが、わかってもらえるのが大切かと...

でも何よりも親としてコワイのは
それまで何もしていなかったのに、
大学受験の時に突然、ずっと役者になりたかったんだ、
と言われたりすることなんです。

それで成功する人もたくさんいますが、
いざ自分の子のこととなると、
ずっとに勉強に熱心でなかったのに、
突然東大に入りたいとか、医学部に行きたいと言われるのと
同じような衝撃なんじゃないかと...

でも突然勉強してくれたほうが
何か将来につながるものがあるんじゃないかしら〜
って、期待しやすい感じがしますが....

マイケルはエンターティナーが大変だったら、
科学者になりたい!と言うので、
じゃ、いっぱいお勉強しないとね。
と返事したら、え〜!!!とスグにひるんじゃったので、
シマッタ!!
お勉強するのが大好きになろうね、と訂正しておきましたが...
7歳にしてレイジーなやつ!!

本人がやりたいことは、
何歳からでもやるべきなんですけど、
学業と同じく、何にしても、
小さい頃から目標持って努力してきた人、
努力させられてきた人、
どちらにせよ、
何かに取り組むことにかけた時間と功は
必ず結果に表れるものだと思います。

子供達が最近始めたカンフー(功夫)は、
まさに功を積むという意味なんだそうですが、
始めたばっかりの段階で、
本当に一生やっても学びきれなそうな感じがすでにしています。

リーディングにしても、
何か新しいことを始めるにあたって、
「上手くいくでしょうか?」という質問はごく一般的ですし、
もちろん、ある程度、今の状態から上手くいくかどうかは観えます。
ダメになるものは確かに、全く動かない感じがするもので、

とはいえ、うまく行く条件が揃っていても、
もうやるしかない状態になっていても、
やはり、やってみて功を積まないと
結果も運も生まれて来ないものです。

と長くなってしまいましたが...

私自身は一生リーディングで精進させていただいて、
功を積ませていただきたい。
そんな感じがしています。
[PR]
by haradamayumi | 2013-05-17 16:25 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(2)

ハーグ条約

昨日のニュースで、
日本がハーグ条約に加盟すると知って、
複雑な心境です。

このハーグ条約は、
国際結婚で離婚して、日本に子供を連れ帰らざるを得なくなった人には、
とても不利な条約だと思うんです。

ひとりで子供を日本に連れ帰る女性の多くは、
夫のあらゆる虐待を認めてもらえずに
暮らしようがなくなって
そうせざるを得なくなって、
決死の覚悟とも言える形で帰国される方が多いと思うのです。

夫は派手な暴力はふるわなかったとしても、
暴言を吐いたり、
生活費も養育費も出さなかったり、
ビザのサポートをしなかったり、
お前を殺すとか、子供と死ぬとか言ったり、
しょうがないから
子供を連れて日本に帰るしかないところまで
追いつめられても、
夫の、「そんなことはない。全部ウソだ」
という一言で、誘拐犯に仕立て上げられてしまう、
そんな理不尽な結果になるのを
サポートする条約になってしまう可能性もあるんですよね。

そういう立場の女性達って、
とても真面目な人が多くて、
相手を信頼して結婚したのに豹変してしまったというケースが多いです。

国際結婚するにあたって、
日本人の伝統的な結婚観は全く通用しないことを
覚悟していないといけないというのは確かです。
男が一家の大黒柱という考えは、
すでに過去のものとなっています。
そして最近のアメリカ人の男性達は、
経済的プレッシャーにとても弱いです。

自分が家族を養っていきたいかどうか、
それは男性それぞれの選択であって、
そうしなきゃいけないものだと覚悟する人、
しない人の2つに分かれます。

なので、女性が誠意を尽くして家事をやっても、
全く認められない場合もあるのです。

アメリカで結婚して専業主婦になりたい〜
みたいな夢を持ってる人もいますが、
そして実際をそれを実現して幸せに暮らしていらっしゃる方もいますが、
それを可能にする相手を選ばないと、
結婚に対する観念が、日本の一般的なそれとは全く違うかもしれないことを
念頭に入れておいて欲しいなぁと思います。
[PR]
by haradamayumi | 2013-05-13 19:57 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(2)

花粉症

ちょっとブログが停滞しましたが...

花粉症にやられております。
緑が美しい5月、その清々しい景色とはうらはらに
私は花粉症で息ができなくなります〜。

うー、溺れているかのような感じです...

あまりヒドイのでお医者さんの指示を受けて薬を飲んでいましたが、
飲むほどにキレたときの症状が重くなる感じがして、
これはいけない〜
と、オレガノ.オイル、ペパーミント、ハチミツ、ジンジャーなど
粘膜に気合いを入れてくれそうなハーブを片っ端から
お茶や、スチームにして摂っています。

このほうが、やっぱり気持ちいい。
効果は長続きしませんけど。

久しぶりに家の中の拭き掃除も開始。
溜まっている仕事も、環境が整わなければ
やっつける気になれないし...

花粉症のみなさま、
6月まで頑張りましょうね〜!
[PR]
by haradamayumi | 2013-05-12 08:43 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(10)
line

Intuitive advisor's blog from NY / 魂アドバイザーのブログ from NY


by haradamayumi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31