原田真裕美の魂ブログ/ Mayumi's Intuitive Blog

tamashii11.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

このブログでのデスカッション。

こうやって私が主観的にホストしているブログなので、
コメントについても、
このブログという環境の中で、
輝くものと、そうでないものに明確に分かれるのが
実感できると思うのです。

そこが私の望むところです。

将来性のないコメントは全く輝かない。

どんなに正論でも、
吐き捨てるように抗議するだけのコメントは
とても無意味な感じがしますし、

曖昧なコメントは伝わって来ないです。

自分の中から湧き出てくる感情を書き出すだけで、
その根源も解決法もないコメントというのは
効力がないのです。

どんなに答えが出せなくても、
途中まででもいいから、
精一杯出した、今時点で考えられる解決策を
どんな小さな問題に関しても
自分で認識していることが
自分への責任だと思うのです。

これじゃダメダ!
は、誰にでも言えます。
じゃ、どうすれは改善されるのか?
を追求するところに、
生きる意味があり、幸せがあるのだと思います。
[PR]
by haradamayumi | 2013-04-27 17:40 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(12)

環境は人生の土台

住んでいる場所に合わなくて、
どんどん卑屈になっていくのって、
その環境と自分が合わないせいなんだから、
しかし環境はそう簡単には変わらないわけだから
自分がそこから出て行くのが一番!

って、潔く決意するべきなんですが、
出て行くのが怖い!!という気持ちで居座ってしまうんですね。

職場でもそうですけど、
たとえば、あるお店で働いているのが嫌で、
お客さんや従業員に当たり散らしてる人、
見かけません?
そんなに嫌ならやめなさいヨって。
じゃ、どうやって食って行くんだよ!!
と逆切れされそうですけど、
そんなに卑屈にならずに生きて行ける場所や職場は
必ずあるはずです。

または、嫌な環境を抜けられるなら
どんな仕事だって幸せ〜!
って、その開放感から喜びを感じられるものだと思うのです。

結婚生活が嫌で、職場で部下をイジメている上司もいますもん。

環境だけじゃなくても、
つきあってる相手に苦労させられて卑屈になるのもいけない。

ドロ沼化した恋愛関係にドップリ浸かったまま、
未来の可能性に心を閉ざして、
ヌルヌルと過ごしていてはいけないですヨ。

人生とはスッキリ幸せじゃないと。

こうなったらイヤだ〜!!!!
と思う方向にはいかないこと。
自分の住みたい場所に住む事。
人生の大きな選択は、
こういうことが決め手になります。
[PR]
by haradamayumi | 2013-04-25 17:51 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(13)

嫌いな所には住まないこと

とまあ。。。

ブログが戦争反対の話に至ったのも、
そのもとはと言えば、ミサイル問題で
「日本は大丈夫でしょうか〜?」
という、ご心配のメールをいただいたので、
一言、「大丈夫です!!」と書こうと思ったのが
ダダーっと、一言で済まなくなっちゃったわけですが...

ボストンの爆弾テロの動機が
反米感情だったとか...
そんなにアメリカが嫌なら、他の国に住みなさいよ〜
って感じですよねまったく。

アメリカ大嫌い!!とか言いながら、
ずーっとアメリカに住んでる人って、
実際によく遭遇します。

これって、アメリカうんぬんだけじゃなくても、
会社嫌い、学校嫌い、実家嫌い、今の結婚生活が嫌!
とか言いながら、ずーっとそこから動かない人っていますが、
それこそ、魂が蝕まれてしまいますから、
嫌いなところには住まないべきです。
動けないなんて言うのはもってのほかです。

どんなに酷い環境にも屈せず、
美しいままの魂もあれば、
環境に合わずに腐っていく魂もありますね...

何が理由でもいいのですが
嫌なところには住まないことです。
[PR]
by haradamayumi | 2013-04-24 14:56 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(8)

戦争をなくすには?

今回のコメントのやりとりの発端になった
最初のコメントをくださった方は、
日本がペッタンコにされたなんて書き方はヒドイ!
犠牲者の方の気持ちを考えてほしい!
と、本気で思って書かれたのだと思うのです。

なので私も、そうでしたね...とできたかもしれないのですが、
そのあと、アメリカが善で、民主化のために何してもいいと思っているのですか!
という、全く私が書いも思ってもないことに対する質問がついていたので、
そこで大きく方向変わってしまったわけです。
でもこれも、思ったままを書かれたんじゃないかと思うんですね。
なので悪気はなかったんじゃないかと。
でも、ここが問題なのです。

ここで論議が違うほうに行ってしまうのは問題なのです。
そうでしたね、犠牲者の方に失礼ですね、民主化とはいえ戦争はいけませんよね。
アメリカこそ軍力を振りかざしていますね...
というのも本当なんですが、

私は当時の状況を考えると、
日本が降伏した先がアメリカで良かったと思ってますし、
違う国だったら、どうなっていたことか。ゾ〜!!
日本が勝ってたらどうなってかことか、ゾゾゾゾッ〜!!!

本当は戦争なんてあってはいけないわけです。

でも実際に戦争が起こっているわけで、
負けた国は民主化を強いられるか、
独裁政治を強いられるかと考えると、
やはり民主化じゃないと困る〜!と私は思います。
「権力を守るための戦争」と「自由を守るための戦争」
というのが歴史上ずっと存在していて、

じゃ、それをなくすために、
どうすればいいのか。

私のような一般市民はとりあえず、
戦争するな!!
と言い続けるしかないわけですが、

他の国や民族に対して敵意を抱く人が
いなくならない限り、戦争はなくならないでしょう。

ということは、
ご近所さんを始め、
自分と違う環境に住む人、
他の他県や他国に住む人々に
敵意や差別意識を持つ人がいなくならないといけないんじゃないかと。

そう考えると、
日常の中で、必要以上に差別化していることとか、
無意識に誰かを敵対視していることとか、
そいいうことがなくならないと、いけない。

みたいなことを考え始めると
いろいろ延々と止まらなくなってしまいます。

戦争をなくすために何かできるか、
真剣に取り組むプロフェッショナル.グループや企業が
あってもいいんじゃないかと...
国連とかグリーンピースとかピースコア以外にも、
戦争ゼロのために一般企業が立ち上がったりはしないのかしらん?
経済的に戦争できない状態に持っていってくれる
天才達の出現を願うなぁ〜

でも銃規制もできないアメリカに住んでて、
先日は、4歳の子が6歳の子をライフルで射殺するという事件があったし。
フツーに遊んでいて、4歳児が自宅からライフル持ち出して撃っちゃうなんて!!

とか考えているうちに、

お..ジュリアンを学校に連れて行かなければ...
最近、お疲れ気味のジュリアン、
今日はプリスクール、遅刻です〜。
[PR]
by haradamayumi | 2013-04-23 22:58 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(4)

魂コメント交換!

みなさん、いろいろとコメント
有り難うございます。

このブログは、こうやって皆さんのコメントを
交換できることを願って書いています。
そのぶん、書き方もストレートでラフだったりしますが、
真意をついていることを重視していますので、
それにインスパイアされてコメントをいただけると本望です。

今の私の目標は、
世界中で魂的に頑張っている日本人女性たち、そして、そのまわりの人々たちと
魂的な交流をしていきながら、インスピレーションを交換できる場を提供することです。

この世界中の中には、日本も入りますし、日本人女性のまわりの人々というのは、
そのコンセプトや背景を理解できる男性や日本人以外の人々もはいっています。

日本にいたままでは、固定的に肯定されてしまったであろう自分の宿命や
自分に降り掛かるあらゆる制限を、
海外に出ることで乗り越えてきた人々と意見を交換できたらと思っています。

じゃ、日本にいたままで、自分の宿命を背負い、制限の中で生きると決意している人は
どうなるのかというと、これはいろんな状況があるので
ブログでささっと書ききれませんので、
新しいHPで詳しく話題を展開させていきたいと思っていますが、
「今の状況が気に入らないけど、それを我慢することで乗り越えている」
という状態の人には、「いつかそれも変わるはず」と信じて、
その突破口を見つけるためのインスピレーションを提供できたらと願います。
[PR]
by haradamayumi | 2013-04-22 18:06 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(6)

先日のコメントについて。

私はアメリカ在住なので、
アメリカをひいき目で見ていると、
日本に在住のみなさんには思われがちなことを認識しています。

そういう日本在住の方々は、
逆に日本をひいき目でみているからです。

私はアメリカに住みながら、
日本の素晴らしいところも、アメリカの極悪なところも、
痛いほどわかっています。

日本の過去の過ちも、アメリカの今の過ちも、
すべてありのままに受け取っています。

そのうえで、人の権利や、発言の自由に関しては、
アメリカがやはり断トツ進化していると思います。
そしてさらに進化しなければいけないと思います。

日本で見えなかった突破口がアメリカに来る観えてくる、
日本では考えられないチャンスが、アメリカでは可能になることは
私のセッションに来られる多くの方がすでに経験されていることです。
そしてまたその逆もあります。
アメリカでは絶対不可能なことが、
日本でごく自然に可能になっていることも、
たくさんあるのです。(銃規制とか!)

日本が間違っているとき、
私がそれを間違っていると思うと言ったからといって、
それを日本人として感情的に取られては
そこから進化できないと思うのです。

アメリカにいるから言える事、なんて
よく言われますが、
日本にいると「言いたくても言えない」事実があること、
それに人々が抑制されていることを
問題視しなければ、何も改善されないと思います。

先日、日本総領事から表彰されたのは、
ハンターカレッジに日本語、日本文化のコースを設立された
川島敦子先生です。
先生は戦時中に子供時代を過ごし
教育も受けられず、肺炎や栄養失調などで瀕死の経験をされたものの、
47歳から英語学校に通い、
50歳で大学に入り、
博士号コースまで取られたという、
ちょっとやそっとじゃ真似できない偉業を果たされた方です。
先生のチャレンジを功績にできたのも、
これもアメリカだったから、ニューヨークだったからこそだと思います。

なので、私の発言は、日本やアメリカの善し悪しうんぬんという
判断ではありません。

チョロっとブログだけ読んで
その書き方がどうだと、感情的に言われても、本当に困ります。
それも人の自由ですが、
私のことを全く知りもしないで、
私の意図も正しく理解しないまま批判されるのを
寛容するわけにはいかないと思ってます。

ペタンコにされたという表現はまさに!
本当にペタンコにされたんですから。
そこで人は這い上がって、今のさらに優秀な日本があるわけです。

まさにペタンコにされたと言えるのも、
私自身のご先祖がそのペタンコにされて全てを失った人々で、
祖父母がその傷と共にした一生を見てきたからです。

たとえば戦時中にアメリカ政府に収容された日系アメリカ人の方々も
プライドも根こそぎ略奪されるような経験をされながらも、
それでも魂は美しいまま、潰されることなかった。

そんなふうに、永遠に美しいままでいられる魂が
私の生きる基盤だということがわかっていただけていないと
話は通じません。

確かに、こういうコメントに対して
お茶を濁すようなことはしないで
自分の観点を貫くことは、
アメリカに25年暮らして根性を鍛え上げた結果です。
これは日本にいたままではできなかったことでしょう。

アメリカに住んでいるからそうなんじゃなくて、
自分の選択と決意でそうするようにしているのです。

そして、そうなれるようになったのは、確かに、
アメリカに長年住んで苦労したからです。

でもアメリカに住んでいるからじゃなくて、
日本に住んでも、これが変わらないようじゃないと、
意味ないと思ってます。

でもそうやって、そういう姿勢を貫くと
日本では完全に浮くことも経験済みです。

なので、アメリカいるからって言われるのが
一番軽率な批判のされかたって感じがするんですヨ!

長くなっちゃいましたが。
[PR]
by haradamayumi | 2013-04-19 01:50 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(12)

2大イベント

ここ連日、大きなイベントがありました。
夫が演奏するミュージカル、
MOTOWNのオープニングと、
ハンターカレッジに日本語コースを設立された
川島先生を讃える表彰式への列席。

とにかく、この2日間は
歴史を革命的に進化させていくために偉業を果たされてきた人々に
たくさんお会いできて、本当に感慨深いです。
私欲のためではなく、
「自由」や「人権」のために闘ってき人々。
自分が何のために生きるべきか
迷いがなくなるような、そんな感じがしました。

詳細はまた後ほどお伝えします〜
[PR]
by haradamayumi | 2013-04-16 15:43 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(0)

地球規模で進化しないと...

北朝鮮のミサイル騒動は、
アメリカでも報道されるようになりました。

それにしても、
パールハーバー襲撃の当時の日本も
北朝鮮と似たり寄ったりの状態だったわけで、
その結果、アメリカにペタンコにされ、
焼け野原になり、原爆まで落とされ、
そこから民主化の道を辿るようになったわけです。

今、80歳以上の日本人の方々は
国のために死ぬのが当然と言われた子供時代を
過ごしていらっしゃいました。
私の祖父母がまさにそうです。

イラクも、アフガニスタンも、
同じように独裁者の指揮のもと戦争を挑発、
おかげでアメリカに徹底的にペタンコにされちゃったのは
ごく最近の話で、
なんでまた今どきミサイル?みたいな...

そういうのをスルーして
いきなり民主化して親善的な交流ができないのかしらん
と、そういう進化を遂げてくれることを
祈るのみです...

まったく、人間のコントロール欲ってやつは
本当に困ったものです。
[PR]
by haradamayumi | 2013-04-13 07:19 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(8)

ここ数日...

ベビーシッター兼アシスタントさん募集に
応募くださった皆様、
有り難うございました。
これから詳細含め返信致しますので
よろしくお願いいたします。

さて...ここ数日のニュースは
SPEEDのヒトエちゃんが結婚〜!
と喜んでいたところへ
ミサイル攻撃の緊迫したニュースがあって...
なんだか落ち着かないですね。

とりあえず日本が破壊されることはないと察します。
というか、そんなこと信じられないですし。

なので、日増しに悪化する北朝鮮の挑発に
日本、アメリカ、韓国、中国などの国が
どう対応していくか...
そこでポジティブに発展してくれることを祈ります。

もともと、中国、日本、韓国そしてインドなどは
文化を共有したきた国なんですから。
東洋の心がわかる民族同士なので
お互いを大切にするべきなんですが...

人に対する愛や尊敬を失った民族となり、
ただ生き残るために何でもする民族になっちゃったみたいで
悲しいですね...

魂族は国境を越えてひとつにならなきゃ!!
って思います。
[PR]
by haradamayumi | 2013-04-10 20:57 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(2)
line

Intuitive advisor's blog from NY / 魂アドバイザーのブログ from NY


by haradamayumi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31