原田真裕美の魂ブログ/ Mayumi's Intuitive Blog

tamashii11.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

人生を祝う

28日、地震が来なくて良かった〜!
と思っていたら、
私の住んでいる地域に竜巻警報が出されました。
竜巻ってのは
空の上から降りてくるような感じなんですって。
とりあえず、バケツをひっくり返したような
雨が降りました。

東京などでも、
まだ余震が続いて、
精神的に消耗されている方が
増えているとうかがっています。

これからお天気も蒸し暑くなりますし、
とにかく精神的にも肉体的にも
夏バテしないように
気をつけないといけないですね。

昔、ベトナム戦争に出兵したことがあるという人が、
緊急事態の時ほど、
人生を祝って、自分が愛することを
一心にやるべきだよ。
そういう時ほどパーティしないといけないさ。
と、言っていたのを思い出しました。

こんな時ほど、
お友達と集まって、
前向きな話をする時間を持つことが
必要なのかもしれませんね。
[PR]
by haradamayumi | 2011-04-29 10:39 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(6)

自然の力を再利用

28日、とりあえず大きい地震はなくてヨカッタ、ホッ。
時差がありますけど、英国王子の結婚式がありますね〜
華やか〜。
本物のロイヤル.ウエディングですものね。

日本人女性で英国王妃のお帽子をデザイン/制作された方が
いらっしゃったことを思い出しました。

さてさて...
原発に頼らないで生活していけるには...
と毎日考えるようになったら、
原稿を書く合間にそれについて検索するようになって、
とりあえず、私が住む州に、
太陽パネルとレインバレル(雨水を集めるタンク)で
90%の電力と水を自家で供給している人のサイトに辿り着きました。

www.njrenewableenergy.com

ソーラーパネルを屋根につけたとして、
大雪の時はどうするんだろう?
と思っていたら、やっぱり屋根の上のものは
自然に溶けて落ちてもらうしかないんですね。

我が家にもレインバレルはあるのですが、
海賊のバレルみたいなやつで、
集まった雨水は
子供達の水遊び用に消費されています。

一生懸命にウオータープレイ,テーブルで遊ぶ
子供達を見ながら、
現代の大気汚染のひどさを考えると、
この水もいろんなもので汚染されているんだろうな〜
なんて、ぼーっと考える私の目の前で
ジュリアンがその雨水をオモチャのバケツにくんで、
ゴクゴクッっと美味しそうに飲んじゃいましたヨ。
お砂場の砂も入ってたし。
たくましいなぁ、ジュリは。
[PR]
by haradamayumi | 2011-04-28 15:53 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(2)

地球はひとつ

こんな時にいじめだなんて...
そういう報道を読むと
がっくり悲しくなりますよね。

地球はひとつなわけですから、
今回だけではなく、
これまでにあった原発事故による放射能汚染もふくめ
私達がいちいち認識していない大気汚染のすべてを
地球上のみんなが、
毎日せっせと吸い込んで生きているわけです。

放射能汚染が怖くて憎いという気持ちを
被災者の方々に向けるのではなくて、
原発廃止に向けて何ができるかを真剣に考えて
行動するエネルギーにしてもらいたいです。

アメリカで生活していて、
何もかも大量に消費することを讃える社会の実態を目の当たりにしていますから、
かなり絶望感が強いのですが、
ここで、
節度のある生活なしにクリーンエネルギーへの変換はありえない
原発事故はこんなに怖いもので、
いったん起こってしまったら、
だれも責任を取れないし
だれも責められない。
そして直接的にも間接的にも
誰もが被害者になる。
ということを、地球上の人々全員が認識して
原発のいらない世の中を目指すことを決意しないと。

世の中がそっちに向かっていってることを願い、
そうなってくれることを祈ります。
[PR]
by haradamayumi | 2011-04-26 12:37 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(9)

人生の種まき

今年をどう過ごすかで、来年以降の可能性が大きく変わってくる。

これは不変の流れではあるのですが、
今年は特に白黒はっきり決まる年ということなのでしょうね。

だからこそ、今年は将来を考えて「ねばる」
個人も企業も、
今年中に出そうと予定していた収益は
来年にならないと出ないかもしれない、
という、意図的な余裕を持った心構えがないと、
「もうダメだぁ〜」という判断になってしまうでしょう。
この意図的な余裕とか持久力とか、耐性とかがないと
今年を乗り越えるのが苦しくなりそうです。

今年は来年以降の人生の種まき。
みんなが辛抱強さを要求されている年ですものね。

そんな中、
被災地にボランティアに行かれたシングルマザーの女性が、
被災者の男性と結婚されたというニュース。

すごい!やっぱり愛の花はどんな苦境に中にでも咲くのですな〜。

結婚したいけど、できない〜!!
とか言ってる場合じゃない。

ちょっと前に離婚して引っ越して来られた私のご近所さんも
最近、婚約されたし。

やっぱり、本人にどれだけ愛、情熱、結婚に対する誠意があるかなんだわ、
結婚というのは!!

被災地でボランティアをされている皆さんは、
きっと魂が磨かれる実感をされていることでしょう。

人を助けるとか、人のお役に立つことをやってこそ
魂的には磨かれるのですから。
本当のスピ体験を求めるなら、
そういうことをしなければ。

死にそうな思いをして、
助けられた!という実感をして
それに感謝して
自分の命を他の人のために使いたくなるのが
使命感ですから。

お守りはつけてるだけでは効果なし。
お守りに込める気持ちの強さが効果となるわけで、
その気持ちは、限界まで頑張るという行動によって生まれてくるわけですね。
[PR]
by haradamayumi | 2011-04-23 15:11 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(22)

元気な日本でいてください

まだまだ余震が続いているとのことで
私もピリピリ、落ち着きません。

とりえあえず、
4月25日、28日
5月4、5、6日、
16、18日くらいまでが気になって仕方なくて

だからどうしろって言えるわけではないので
なおさら心苦しくて、
ダラダラ余震続きの中、
仕事、生活をやり通している友人、知人、仕事の関係者の皆さんに
ほんと〜に申し訳ない気持ちと尊敬の気持ちとが
複雑に混ざった気持ち、

そして被災者の皆さんのことを考えると、
とにかく、みんなで元気でいなきゃ、
元気をわけあって、
とにかく、グシャ...っとしている場合ではないぞ〜

と、私自身、母を亡くした時のことや
父が亡くなったことを知らされた時のことや、
将来の目処など全くつかなかったアメリカ生活
最初の10年くらいのこととか、
(それ以降の10年は、その保証のない生活に慣れただけ)

いろいろ思い出して、
今だって、何も保証されてないまま
毎日せっせと生きているし、
子供達の笑顔と、
人生なんとかしなきゃ〜!
と必死で頑張ってるクライアントさんたちが糧で
日々、コツコツ生きてるわけで、
何も保証がないから
今日も何か仕事するぞ〜、っと気合いを入れるわけで...

先日行った美容院には
日本の雑誌がいろいろ置いてあって、
おしゃれで、元気で、楽しい日本の雑誌に目を通して
かなり、リフレッシュできたんですね。

私のお年頃からいって、
美STORYとか、VERYとか、
アラフォー女性達の元気さや美しさ、
子育しながら人生楽しむぞ〜!
といったエネルギー炸裂する記事に
いっぱい元気をもらったんですが、

ふと、そんな元気な日本でなくなってしまったら
本当に困る!と焦りに似た感覚がわいてきました。

やっぱり日本が元気でいてくれなきゃ困る。
元気な日本でいてもらえるように
せっせとメッセージを書き続ける日々です。

セッションに来てくださる皆さんだって、
夢と目標に取り憑かれて、
何の保証もないけど
ガンガン突進している人達でいっぱいです。

明日に保証を求めると、
よけいに元気なくなるのかも。
明日が観えないときは、
とにかく自分が元気でなくちゃ。

自分が元気だったら、
明日が見えなくても、
今日の幸せや感謝を見つけられたらそれで
なんとかなる。
明日が見えないからこそ、
がむしゃらに生きられる、
みたいなところもありますし。

明日が観えなくて元気が出ないときは、
とにかく今の自分に力を蓄えることに
フォーカスしてください。
[PR]
by haradamayumi | 2011-04-23 09:05 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(11)

前向きにスローダウン

どんな理由であれ、
どんな状況であれ、

人はドン底までいくと、
とにかく立ち直るしか選択がなくなります。

下がったら上がるしかない。

底にじーっとしているしかない時期があったとしても、
やる気はあろうと、なかろうと、
魂そのものは、
とにかくそこから脱しようとしているはずです。

まったく浮上できなくても
いつか浮上することを
毎日ひたすら考え、念じて、祈って、願うことで、
ある日突然、方法やチャンスが観えるのだと思います。

焦って時期を早めるのもよくないのでしょう。
しっかり気力と体力を蓄えて
時が熟するのを待つ事だって大切です。

バタバタと、とにかくやってしまおう〜的なやりかたでなく、
じっくりと、丁寧に、必要な時間をかけて
物事に取り組むことは、
今の世の中の変遷期を過ごすのに大切なことなのかもしれない。

とりあえず今をしのげればいい的な考えはやめて、
これからの私達にとって長期的に必要なことを考える。
そんなモードにシフトしているような
感じがしています〜
[PR]
by haradamayumi | 2011-04-19 03:38 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(13)

底力

今の私達は、
ちょっとやそっとの問題でも、
「被災者の方々のことを思えば、これくらい何でもない!」
と、困難をはね除ける底力をいただいています。

多かれ少なかれ、
いろいろなところで震災の影響がありますから、
今までと全く違った気持ちになったり、
計画通りに事が運ばず、
新しい計画、方法を考えなければいけなくなる人も
多いと思います。

でもそれをチャンスにしていくしかありませんよね。
ここであきらめる、ということではなくて、
物事の真相、自分の本音などが露になりやすい今、
本当に正直に物事を見つめて
そこから自分の未来を考えていきましょう。

将来が不安になるからこそ、
すごく頑張れるし、頑張るしかなくなる。
みんなが底力を発揮するように仕向けられている時なのだと感じます。
[PR]
by haradamayumi | 2011-04-14 11:07 | Comments(12)

正義と善意

昨日のチャリティー.リーディング、
定員を満たす数のみなさまに
御参加いただきました!
集まったお金は私が責任を持って
ジャパン.ソサエティーの窓口より
募金させていただきます。
参加者全員の名前で募金したいくらいです。

もともと、このイベントを企画/コーディネートしてくださった
ユイちゃんママのお名前で募金していただこうと
思っていたのですが、
またこのユイちゃんママが寛大で清らかなお方で
イベントへの提供者がそれぞれ募金するように
取りはからってくださったのです〜。

自分のまわりに清らかな人々が集まっている
というのは、人生でも最高レベルの幸せだと思います。
感謝、感謝。

ホリエモンの募金手数料の記事は
Suiさんのコメントでデマだったと教えていただきました。
なるほど〜。
「あの人だったらやるかも〜」みたいな印象が
私の中にありますから、信じちゃいましたヨ。
別によく知ってるわけでも何でもないですけど。
ホリエモンは頭のいい人ですから、
その才能を、正義と善意で世の中に活かしてもらいたいです。

毒にも薬にもなるタイプの人っていますよね。

とにかく、今を転機にして
正義と善意が炸裂して発揮される
世の中になってもらいたいです〜。
[PR]
by haradamayumi | 2011-04-12 23:43 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(4)

チャリティー.リーディング

今日はユイちゃんママが開催される
木村家のチャリティー.ウィーク.イベントに
私もリーディングで参加させていただく日です〜!
由ちゃんママ、ご提案とセットアップご苦労様でした〜!
感謝、感謝です。

こうやって、個人ができる範囲内で募金をして、
もちろん全額、
そして純粋に助けになりたい、なにかしたい、
という気持ちを捧げる、
そういう衝動にかられ
それをやり遂げて行く、
そのプロセスを体験できるのは
とても貴重なことです。

私も募金はしましたけど、
やっぱりイベントをやって、
エネルギー交換ができて、
その手応えと、集まったお金を、寄付できるのは
また格別な達成感なのだと思います。

そんな中、
ホリエモン氏が募金の窓口を開けて手数料取るとか言って
批判されてた記事を思い出して、
アメリカの赤十字が9%の手数料を取るのを
真似できる立場じゃないじゃん〜!
(真似しての発想か知りませんけど)
手数料なんて考えてるところが間違ってるって、
所詮はそういう人ってことね、
って思っちゃいました。

こういう時に、
そういう歪んだことをされると、
胃がギュギュ〜ってなるようなイラダチに襲われます。

大震災のあらゆる記事を読むばっかりで
自分の無力さからくるストレスで太ったし...!!うわ!
しっかり行動して、無力さと闘って
痩せようと思います〜。
[PR]
by haradamayumi | 2011-04-11 18:52 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(10)

Authenticity

御世話になっているサンクチュアリ出版のみなさんも
被災地に出向いてボランティア活動をされているとのことで、
本当にご苦労様です!

大惨事の中、
人は正しいことをしよう、
人を助けよう、
何とかして力になりたい。
そう感じて、無我夢中で行動するのが
人間の本能なのだと思います。

人は正義を果たすことでしか
幸せになれないものだと
本当に思います。

悪事をして生きている人は
どんなにお金があっても
決して幸せではないはず。
幸せを感じる感覚は麻痺しているはずです。

肉体の幸せと、優越感にまみれて
それを正当化するために
イメージや周囲の人々を操ろうとする。

そういう「歪んだ幸せの虚像」
みたいなものの悪循環が
とても空虚でつまらないものとして露になって、

人々がそれを厳しく評価できるようになる
時代になっていくのだとしたら
私はそんな時代の変遷に貢献したいです。

物事の出所の正しさ、
Authenticity
本来のあるべき姿、あるべきクオリティーを基にして
価値判断をすることも、

1に帰依する生き方なんだと思います。
[PR]
by haradamayumi | 2011-04-10 14:07 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(11)
line

Intuitive advisor's blog from NY / 魂アドバイザーのブログ from NY


by haradamayumi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30