原田真裕美の魂ブログ/ Mayumi's Intuitive Blog

tamashii11.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

Happy魂コンテンツ

ふむふむ
なるほど〜

ハピ魂のコンテンツ、
いろいろアイデア有り難うございます〜
様々な分野で御活躍されている方との
リーディングやコラボ、やってみたいですね〜

とりあえず今は、
ブログやツイッターで
お金かけずにできることをやっているんですが、
有料サイトにしたら、
お金かけて、魂的にエンターティニングなことを
できるんじゃないかと思って、
やってみることにしたので、
これから発展してくれることを願っています。

浄化箱、もうちょっと増やしてもいいですよね。

私が一方的に発信するんじゃなくて、
会員の皆さんの声が反映される
そんなサイトにしていきたいです。

みんなの魂が解放される場所を
サイト上で提供したいんです。
私のセッション.ルームがそんな場所ですから。

iPhone対応は..
社長に聞いときます。

どんどんコンテンツ希望のご意見くださいね〜。

とりあえずは、この冬の間に
3年前に買って、まだ履いてないブーツが
履けるようになるために、
クリアーセンスとサラダごはんダイエット
やろうと思います。

300パウンド(およそ136キロ)
の体重を165パウンド(およそ70キロ)まで落として、
金融業界をやめて、今のジムのオーナーになったマイクくんにも
魂友インタビューしちゃいますかね。
看板イケメントレーナー、ブラットくんにも。066.gif

私と一緒に10キロ減量したい人、
みんな集まれ〜!
いや..5キロでもいいや。
3キロでも。070.gif
[PR]
by haradamayumi | 2010-10-31 21:04 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(13)

Happy魂

9月にオープンした携帯サイト
Happy魂なんですが、
セッションでやっている
魂カウンセリングのような効果のあることを
あらゆる媒体でやってみたい、
という気持ちと、

Happy魂に会員さんが集まってくれたら、
ハピ魂基金を設定して、
得に、親の愛に恵まれなかった子供達や
親に痛めつけられた子供達の魂を
まっすぐ純粋で豊な魂に育ててあげられる支援が
できるようになるかもしれない〜!
みたいなことを思って始めたんですね。

こまちサンのブログで
ネギの種まきのことを読みながら、
なんかハピ魂みたい〜037.gif
とか思ってたんですが...

ハピ魂の社長さんからは、
「まゆみサン。会員さんが増えないと
ハピ魂は続けていけませんよ〜」
とお達しがあり。

そりゃ〜そうですわ。
ハピ魂基金どころじゃありませんワ。

とりあえず、
クリアーセンス.ダイエット、
ならびに新企画の
(これは私のための新企画。ジュリを妊娠する直前に買ったブーツが履けないのが悔しくて。)
忙しいママのサラダご飯ダイエットというのを
実践しようと思いまして、
こちらもハピ魂コンテンツに加えます。

みなさん、
「こんなコンテンツがあったら購読したいかも」
ってご意見ありましたら、
こちら、またはツイッターに投稿してください〜

よろしくお願いいたします〜040.gif
[PR]
by haradamayumi | 2010-10-30 21:00 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(8)

ZERO REGRET 後悔ゼロ

私が今住んでいるニュージャージーの小さな村には、
ブックエンドという小さな本屋さんがあって、
でもこの本屋、なぜかニュージャージーで唯一
有名人がサイン会に来るお店なんです。
毎日、ヒラリー.クリントンやら、ロック.スターやら
いろんな人が来ているのですね〜。

昨日はなんと、大好きなスピードスケーターの
アポロ.オノ君が来ていたんですね〜
「絶対サインしてもらう〜!」と張り切っていたのですが、
ここ数日の徹夜で、列に並ぶ気力がふっとび...
子供達をお風呂に入れたら、そのまま一緒に寝ちゃいましたよ。

ベニチオ.デル.トロだったら這ってでも行けてたかも...
と夫に言ったら、あきれられましたが...

しかたなく、アマゾンでちょっと立ち読み。

彼の新刊、ZERO REGRET
とにかく、毎日後悔ゼロに持っていくこと。
今日無理したら、明日キツイな...なんてことは考えない。
明日のことを心配しはじめたら、明日はナイと思え。

1位になったとか、4位になったとか、
そういうことじゃなくて、
ゴールを切ったときに、後悔ゼロであることが大事。

うわー、サイン会行けなくて後悔100%!
子供達にパジャマ着せて、ストローラーに入れて
列に2時間並びに行くべきでした...
7時のサイン会に、午後3時からすでに人が並んでたし。
みんな女子高生だったし〜。

アポロくんはシングル.ファーザーに育てられたんですけど、
オバマさんと同じく、
不在の親によって、その欠けているぶぶんを補うように成長した
特別のクオリティーがある人なんだと思うんですね。
そこも魅力的です。

そう考えると、
たとえば「ほとんど会えない恋愛」している人って、
彼氏と会えない間、彼の影響で自分の中で成長する
彼とは別のクリティーみたいなものが
できあがっていってるんじゃないかって思うのです。

会えなくて寂しい思いをしている間にも、
その彼氏は実はいらない自分も成長してたりして...

とかいろいろ考えながら..

アポロくん〜サイン会行けなかったけど
本は購読させていただきますからね〜!
[PR]
by haradamayumi | 2010-10-29 16:59 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(6)

コツコツ...

ふう〜。

ここのところ〆切でして...
今日こそは、仕上げるぞ〜
と思いながら何日も経って
〆切が伸び伸びになるから、いつも〆切で...

時差ぼけも治ったのに、夜通し起きてて
そのまま朝に突入して、
シャワーあびて、
子供達の朝ご飯を用意して
お弁当つくって、学校に送りにいって、
ジムに行って
また仕事に戻って、
お迎えの時間になって、晩ご飯作って、
子供達をお風呂にいれて、
寝かしつけて、
また起きて仕事、

みたいな生活を延々と繰り返し、
外の掃除係の夫は出張だったので、気がついたら家の前には落ち葉が積もり、
洗濯物もはかどらず...

なんかそんな生活をしているうちに、
もうハロウィンではないですか〜!031.gif

いちおうパンプキンとかクモの巣とかを用意して、
ドアにコウモリとかクモとかはりつけましたが...

時々、こまちサンのブログのバックナンバーをよんで、
よく草刈りしてるな〜
雨の中も頑張ってるな〜
私も農業憧れるけど、超あまいナ〜
って、思いつつ...

ガーデニングも全然できてないし、
一眼レフもまだ買えてないし、
フランス語も勉強してないし、
なんか..何もできてないゾ?

日本から帰ってきてから久々に達成感があったのは、
3日続けて朝晩ミゲ&ジュリの歯をみがけたことくらいか...
でも彼ら、お風呂は入らないまま寝ちゃった日もあったっけ...
とか...

気がついたら夫は出張から戻り、
落ち葉をせっせと掃いてくれているところへ
庭師たちがやってきて、
機械で一瞬にして落ち葉を片付けてくれて、

今年の夏は、夫が汗だくで芝生に水をやった直後に
必ず大雨が降るという現象があったし、

コツコツ努力を積み重ねることに価値があるんだって
天からのメッセージをいただいているんだな〜
ってしみじみしている秋でございます。

なんだか、もう11月なのにやたら暖かい秋です。
[PR]
by haradamayumi | 2010-10-29 02:34 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(2)

自分で決めたこと

こまちサン〜056.gif

彼女は毎日、自然を相手に取っ組み合ってて057.gif
これほど大変なことはないと思います。
すごいキツイけど、やっぱり農業やめられない〜!
DNAか〜って言い切って、覚悟して自分が好きで選んだ仕事に
必死でくらいついていっている。

天職ってそんなものだと思います。
楽々〜なんてものではないと思います。
嫌々続けてる本当はやりたくない仕事、
みたいな仕事のほうが、きっと楽なはず。

天職に就きたい〜でも厳しい〜とかいう時点でヘコんでる人は、
まだまだ、まだまだ、これから頑張らないとね、
ってことなんだと思います。

うちのダンナさんも
職業病と共存しながら仕事をしています。
ミュージシャンなので、手が痛いとか、腰が痛いとか、
あっちもこっちも痛いけど、そんなこと口には出さない。
仕事を愛しているからです。
それに第一線で活躍している同業者は、みんなそうだからです。
売れっ子の人ほど、休む暇がないものですし。

だから、やりたいことがあるけど
キツくて〜、とか
お金にならなくて〜、とか
そんなことを理由に、グレーなエリアに留まっている人は、
自分はそこまでは、やりたくないのかも...
って、自分をチェックする必要があるでしょう。

そこから思い切って自分をプッシュするか、
引き下がるか、選択するべきです。

「いつになったら成功するでしょうか〜」
なんてのは、占い師に聞くべき事じゃないんですよね本当は。
一生成功しなくても、
愛と信念で一生続けることのほうが、
難しいし、立派だし。

まあ、聞きたくなる気持ちはわかりますし、
成功しそうな時はその可能性が観えますし、
もうちょっとで、いい結果が出ますよ!って、
予想できたほうが頑張りやすいので、
もちろん、聞いていただくべきだと思いますが、

そんなに努力もできてないのに、
成功できますか?なんて聞いてもしかたないので、

成功できるための努力は充分できているか確認するべきです。
これ以上もう自分の力では限界です〜!!
ってところまで頑張り続けていることがゴールで、
成功うんぬんというのは、副産物のようなもので。

これでもか〜っ!て頑張っても、
大自然を相手に惨敗することもある、それが農業というもの。
それでも農業を愛しているから頑張り続ける
こまちサン、素敵です〜!

霞ヶ関の農林水産省に行くのに、
迷わず埼玉の霞ヶ関に行ったところも、
超、愛らしい〜!!

頑張れ〜!024.gif
[PR]
by haradamayumi | 2010-10-26 13:06 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(10)

惚.農ing娘

日本でいっぱいお写真撮ったので、
そちらをアップして
滞在中の思い出話なんかもしたいな〜
って思ってるんですけど、

なかなかそっちに話題が行かない感じですね...

さっき、ヤフージャパンを覗いたら、
「農ing娘」の記事が気になって、
クリック、クリックしてたら
農ing娘さんのブログに到着〜
http://ameblo.jp/kodamanojo/entry-10682245574.html

農業を一年以上やっている女子のサークルで、
キーワードは「アイラブ農業!」なんですって。
で、稲穂ヘア〜と呼ばれる金髪で、農業やってる元気なギャルたち!
ホント、ギャル系の雑誌とかに出てた
ヘアーとメイクの女の子なんですね〜。
ブログの内容が、カワおもしろくって、(可愛くておもしろい、のつもり)
ファンになっちゃいましたヨ。

最近、東京に行かれたそうなんですが(農林水産省で仕事しに!)
彼女も、
東京の人は自分を押し殺しすぎているんじゃないでしょうか〜?
みたいなコメントされていました。

うーん、やっぱり、東京は無表情な感じがするんですね〜。

確かに、地方に行くと、それが緩む感じがしますね。
大阪なんかユルユルで...
それでも元気なくなってる!
アメ村っぽくなくなってきている〜!
ってアメ村の店員のお姉さんが言ってましたけど。

この記事を見る前は、
魂友インタビューの原稿チェックをしながら、
RTRoomの社長のるみ子さんのお姉さんの
佳奈子さんもインタビューさせていただいたことを考えていて、
(佳奈子さんはアメリカ在住20年くらいの方です)
アメリカに来た当時、英語もよくわからなくて、
お友達もできないし、生活も慣れないしで、
泣いたて暮らした時期もあったって、話をしてくださったこと思い出して、

私もそんな時期あったな〜
最初の4年はほぼ英語しか話さない生活してたしな〜
いろいろあって、毎日延々と泣き続けた時期もあったし
でもそのおかげで、全然泣かなくなった今の自分がいるし、
今は子供のことで嬉しい時しか泣かないし、
みたなことを思い出して、

そんな時期を経験できてなかったら、
今みたいに、ヘコみそうになるとパワー全開する
自分にはなれてなかったな〜
みたいなことを考えていたんですが、

農ing娘の豪快なブログのおかげで、ガハハ〜!
って笑って、気分がそっちに飛んでいきました。

彼女たちのような人材は
自然が育ててくれるのですね〜
頑張ってもらいたいです〜!!
[PR]
by haradamayumi | 2010-10-25 14:40 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(5)

やれること、やりたいこと

昨日あたりから、ミゲ&ジュリはやっと、
夜中3時〜午後4時くらいまで起きている
パターンになってきました。
とりあえず、昼間は起きてる。

なので私は、彼らと一緒に起きてて、夕方一緒に寝て、
また夜9時頃から起き出して仕事や家事をすることにしています。

家に帰ってきたとたん、
家事も仕事もその他雑用も膨大に発生し、
いろいろと11月は激務が待っているので、
これで痩せられるかも〜!

「痩せるよ」「若く見えるよ」の一言がつくと
私は何でもできるんです。

今週末はマンハッタンで過ごしていますが、
やっぱりみんなパワフルですワ。

アメリカにはアメリカ特有の問題がありますし、
日本人がアメリカで働くのは、
すごーく厳しいですから、
日本が合わないといって、ここで暮らすことにした日本人は
まったく楽はしていないわけですけど、
ライフスタイルと引き換えに、
厳しい条件を受け入れて頑張っているわけです。

携帯サイトの「魂友インタビュー」では、
そんな中で自分の夢を追って生きている人達に
インタビューしています。
大成功している、とかでなくても、
確実に自分のやりたいことをやっている人達です。

やっぱり、そういう人とお話すると、
とってもスッキリした気持ちになれるんです。

みんないろんなことして
地道に生計をたてながら、
自分のやりたいことに対する情熱はブレていない。
ゆっくりと時間をかけながらでも、
試行錯誤しながらでも、
自分がやれることと、やりたいことの
交差するところを見つめて、それに取りくんでいく。
その繰り返し。

そんな人生だとネガモンにはならないと思います。
[PR]
by haradamayumi | 2010-10-24 18:04 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(5)

失敗は成功のもと。

ネガモンに囲まれると、糖分が欲しくなって太る!
っていうコメントいただきましたけど、
ぷ!!私も一緒です〜

ここ数日、日本の職場で「働くお人形」にされている
人々のコメントや、ネガモンと日々格闘されている御報告を
読むだけで、「そっか〜!!」って居てもたってもいられなくて、
甘いものを食べすぎてしまったのか、
なんか、太ったみたいですよ、私は。

来週からジム通いを再会するのに。
日本であんなに重労働してチョット痩せたのに。
帰ってきてからまだ1週間しか経ってないのに!
ま、仕方ない。

人生は、失敗してこそ、成功への道が開けることがありますし。
やってみて、失敗して、はじめてどうやったらいいのかわかる、
そういうことだらけです。
その失敗を怖がっていたら、何もできない。
無難に進もうと思うと、今以上のことはできないんだって思うのです。

でも日本にいると、失敗が許されない雰囲気が濃かったり、
まわりの目があって、無難にしか生きられないから海外に出た、
という人はいっぱいいますし、
ずっと親の期待にそって生きてきて、
自分がわからなくなって、それでNYに来たという人もいっぱいいます。

そういえば...

携帯サイト、Happy魂でやっている
「魂友インタビュー」で次にご登場いただくのは、
日本唯一オーガニック,ルイボスティー専門店
RTRoomの創設者 rtroom.co.jp
前田るみ子さんなんですけど、
彼女は、よくまー日本に生まれ育って、ここまでマイウェイを貫かれたな〜!!
私ももっと子供の頃からそんなふうに生きたかったな〜!
って思わせてくれるような、自由な魂の女性です。
なのに全然押し付けがましくなくて、
愛情も情熱も注ぎまくってるけど、
熱い〜感じではなくて、
ごく自然に、ユルリ〜ンとしていて、でも力強くて。

そんな彼女のお茶をいただきながら、
明日も頑張ろ〜って思える時間って、
幸せな時間です。063.gif

仕事も恋愛もダイエットも、
失敗するから、それを乗り越えて成功する!
失敗した時のほうが、確実に学べる。

週末からキュっと気を引き締めたいと思います〜
[PR]
by haradamayumi | 2010-10-23 12:53 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(13)

ネガモン対策

まだ時差ぼけと闘っております。
子供達はまともに時差ぼけで、
昨夜の夜中からギラギラ目を輝かせて
遊びつづけ、翌日である今日、午後3時すぎくらいに
ようやく寝てくれましたが...
それにつきあっている私は、
仕事も家事も疲労も溜まっていきます〜!

時差ぼけハイでテンションの高い
子供達のドンチャン騒ぎに巻き込まれながらも、
それを精神力で遮断して原稿書いたり、
小説も1冊読んだし、
終らないけど家事もやってるし、
母親になってなかったら、
こんなことはできてないですね。

子供とスーパーヒーローごっこや
パズルをしながら
字を読んだり、書いたりするのって、
働くママならではの技ですよまったく。
怒りながら、あんまり怒らないようにするのも。
そんなことができるなんて知らなかったですヨ。

常に脳が半分に別れている感じです。

以前から本に、
魂を満たす仕事と、
肉体を維持する仕事、
すなわち、
精神的に満たされる仕事と
生活のためにお金を稼ぐ仕事の
両方をやるべきだって
書いてきましたけど、

それがひとつの仕事でできれば、
それを天職とできると思うんですけど、
だからといって、天職は楽かというと、
全然そうじゃないと思うんですね。
すごーく楽しいことがあるけど、
すごーく辛いこともあるのが
天職なんだと思います。

超有名人や社長クラスの人だって、
この仕事、いつまで続けられるんだろう。
辞めたい!でも他に何もできないから辞められない!
好きではじめた仕事だから頑張るしかない!
って思ってる人、多いですから。

生活のための仕事というのはたいがい、
たいして面白くもないけど、
仕事が終ったら、いったん忘れても
差し支えないものだと思うんです。

そうでない場合もあるでしょうけど。

どんな仕事にも嫌になるような出来事はつきもので、
それでも自分がその仕事をすることに決めたのだから、
その仕事特有の嫌なことに対して、
自分はどうやって対応していくのか、
自分の出かたを決めるというのが
大事なんじゃないかと、私は思っています。

私だって、否定的なこと言われること、たまにあります。
自分は真剣にポジティブなことだけ考えて
最善尽くしてやっていることを、
「よくない」と否定されても、
それは相手がネガモンだから
すべてネガティブに理解した、することにした、
ということなので、
それは相手のチョイスなので、私はこれまでどおり
最善を尽くしていくしかないと思うんですね。
無力に感じても、それはしかたないって。
そこでストレス感じてヘコんだりするのは
絶対いけないって思うのです。
ささやかな抵抗としては、
ネガモンに絶対負けない!
ってことですので。
ネガモンになぎ倒されても絶対すぐに立ち上がるのが、
せめて、私にできることですから。

問題は、ネガモンが多い環境の、
あの冷却庫のような雰囲気とどう対応するかですね。
すべての熱を一瞬にして奪われるような空間。
ささっと外に出るのが一番なんですけど...

でもちょっとした一言で、
人間味のある暖かい風が発生させることは可能ですから、
暖を取るように、チョコチョコ温風を発生させるように
みんなで意識するのはどうでしょう。

マッチ売りの少女みたいかなぁ。

うちのダンナ君の親戚にもいるんですよね。
雪の女王というか、アイスボックスみたいな人が。
この私でさえ、凍り付くような笑顔なんですよね。

たいがいこういう人って、
自分のことしか考えてないんですよ。
どこまでいっても、全てはその人のため。

そういうタイプの人を識別して、
心構えしたうえで対応するのも
かなりの防御効果があります。
[PR]
by haradamayumi | 2010-10-22 09:01 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(14)

働くお人形

うわー、みなさんのコメントがズッシリ。

いちばん感情や感謝の気持ちをやりとりしやすい
サービス業がこれじゃ、
辛いですよね〜。

職場鬱など、
問題というのは
It takes two to tango、といった感じで、
必ず双方が原因になっているはずなので、

雇う方も、働く方も問題があるはずで、
それを何とかして改善していかないといけないと思うんですけど、

会社側にすぐ変われ!というのは無理でしょうから、
まずは働く人の意識から、
「働くお人形になってしまわない」という意識を高めるしかないかと思うのです。
環境ばかり責めるというのは、責任転嫁ですから。
(それにしても責任転嫁ってすごい熟語ですよね。お嫁さん、かわいそう)

私は働くお人形さんを要求されるバイトはしたことは
あまりないですけど、
(というのは、雇ってもらえなさそう〜と察知しているので。)
20代の頃、飲食店でバイトをしたとき、
私の髪型とか服装とか、すべてが気に入らない女の人がいて、
それを毎日、「これじゃダメよ」と言って、
必死に変えようとしてくれたんですが、
どうやっても彼女の気に入る感じにはならなくて、
ついにあきらめてくれたのかと思ったら、
実は彼女、突然結婚が決まってハッピーになったので
私のことはどうでもよくなったらしい、ってことがありました。

その人は結婚して仕事をやめられることになったんで、
当然、私がどんな格好だろうが、関係なくなっちゃったんです。

過度の姉御肌で、その場を仕切ってないと不安なタイプの女性でした。

その時の私は、
仕事の内容はすごい簡単だけど、
この人と接するという難しい課題がくっついてきたんだな、
楽してお金はもらえないからな、そうかそういうことか〜。
と理解して、バイトに挑んだのでした。

そのわりには、彼女に気に入られるイメージには
とうとう近づかなかったので、
それでやる気ないと思われるのも、わかる気はするんですけど。
やりたい仕事じゃない、ってのが露になっていた、
ということでもあるでしょうし。

今思い出すと滑稽な話ですけど、
当時はもちろんストレスは感じたし、
嫌がらせされてるような気にもなったんですけど、
そのお店の外に一歩出ると、
そこは自分が選んだ人生の土俵、
自分が選んだ人生が確立されてないから、
バイトしなくちゃいけないわけだし、
バイトするから、何の保証もない自分で選んだ生き方ができるわけだし、
という気持ちで、
お店の外の排気ガスいっぱいの空気を吸って
「今日も乗り越えたぞ〜!」と、
晴れ晴れした気持ちになる瞬間に
その人のことも忘れていました。

「早くこの仕事しないで済むようになりたい〜!」
そう思いながら働いた経験がいっぱいあるので、
ちょこっとトイレに行く時間とか、
買物に出る時間とか、
帰宅する時間とかに味わう解放感が好きでした。

「これは私の時間だ〜〜〜!!」と、
すごーく新鮮に感じられるのです。
これは、やりたい仕事だけやれている今でもそうです。
でも今は、行き詰まる原因が自分の才能の足りなさなので、
「これ、なんとかならない?」ってのが自分自身で逃げ場がなくなっています!!
でも同じようにトイレに逃げ込んだりして、
歯磨きしたり..

「よし、今の現状をもっとこう変えたい!」
そんなふうに決意するのも、そんな隙間の時間にやることです。

今回滞在中に心がけていたのは、
マニュアル口調の店員さんにも
「有り難うございました〜!」と積極的にお礼を言うことです。
そこでチョコっとほぐれて通じ合えたような感じの人もいましたし、
接客モードのまま、いちいち私が喜んでるのに対応できないまま
次のお客さんに受け答えする人もいましたし、
いろいろでした。

こうなったら、
マニュアル店員さんを助けるためにも、
お客さんとして活き活き挑むのはどうでしょう。

働いてる人だって、別にそうしたいわけじゃないけど、
そうするしかなくなってる、というのが実情みたいですし。

京都のお茶碗屋さんのおかみさんが、
最後には手まで取ってお話してくださったのが
新鮮でした〜
[PR]
by haradamayumi | 2010-10-21 09:44 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(10)
line

Intuitive advisor's blog from NY / 魂アドバイザーのブログ from NY


by haradamayumi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー