原田真裕美の魂ブログ/ Mayumi's Intuitive Blog

tamashii11.exblog.jp ブログトップ

嫌いな所には住まないこと

とまあ。。。

ブログが戦争反対の話に至ったのも、
そのもとはと言えば、ミサイル問題で
「日本は大丈夫でしょうか〜?」
という、ご心配のメールをいただいたので、
一言、「大丈夫です!!」と書こうと思ったのが
ダダーっと、一言で済まなくなっちゃったわけですが...

ボストンの爆弾テロの動機が
反米感情だったとか...
そんなにアメリカが嫌なら、他の国に住みなさいよ〜
って感じですよねまったく。

アメリカ大嫌い!!とか言いながら、
ずーっとアメリカに住んでる人って、
実際によく遭遇します。

これって、アメリカうんぬんだけじゃなくても、
会社嫌い、学校嫌い、実家嫌い、今の結婚生活が嫌!
とか言いながら、ずーっとそこから動かない人っていますが、
それこそ、魂が蝕まれてしまいますから、
嫌いなところには住まないべきです。
動けないなんて言うのはもってのほかです。

どんなに酷い環境にも屈せず、
美しいままの魂もあれば、
環境に合わずに腐っていく魂もありますね...

何が理由でもいいのですが
嫌なところには住まないことです。
[PR]
by haradamayumi | 2013-04-24 14:56 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(8)
Commented by ゆっくりん  at 2013-04-24 15:28 x
自分の国で自由を奪われ迫害されて、全く知らない土地に夢をかけ小さな子供を抱えて命をかけてアメリカへ渡った初期の開拓民達。無慈悲な犯罪者、広大な土地に住むワイルドな動物から自分達の家族を守ろうとした時、政府も警察もまだままならないアメリカの土地で自分の家族は自分で守るしかなかった。その時代に銃は必要だった。何百年の間に色々な物は進化し、文化も代わり、より多くの国からの移民が入って来た。ここ迄の歴史があると銃規制はそう簡単には行かないです。アメリカ国民だって銃がない平和な国を望んでいます。でも下手な規制をすると、結果として「より危ない人間だけが銃を違法に隠し持てる結果」にもなりかねないと思うと「自分の家族を守る為に銃は必要だ。」という恐怖を持つ人もいるでしょう。ひと言では片ずけられない歴史があるのではないですか。

Commented by ゆっくりん at 2013-04-24 15:28 x
〜がないから、〜に住んでいるから、〜できないという言葉を聞くと時いつも乙武洋匡さんの事を思い出します。彼は手もね〜足もね〜、でも沢山の事をしているって。一方で手も足もあっても両親に暴力で殺されかける子供もいる、でもそこから生き延びて他の人達を助ける事をしている人もいる。そこそこ平和な日本、アメリカに住んでいる私達の人生は全て自分の選択の結果と思います。シリア、アフガニスタンに生まれ落ちてしまった訳ではないんだから。
Commented by lily at 2013-04-24 18:24 x
まゆみさん、こんにちは。住む環境や恋愛こそ直感を利用するのが一番な気がします。まゆみさんの「自分の気持ちが分からなくなったときに読む本」を読んで以来、私にとって、どんなことがあっても魂の根底が自分らしくいられることを一層心がけています。
数ヶ月前から会い始めた男性がいますが、なぜかどこか違和感を感じていて、自分の心がす~っとはいっていけるように感じがしませんでした。やっぱりだめなもんはだめですね。長い目で見ようと思って会っていますが、喧嘩も多いし、何より会い始めてから私自身、文句いうことが増えて自分が自分で嫌になります。
自分で魂が輝ける人といたいといいつつも、この男性と会っている時点で私の発言と行動が矛盾していますよね笑 軌道修正しなくちゃ。。
まゆみさんのこの記事が気付きをくれました。ありがとうございます!!
Commented by きりん at 2013-04-24 22:43 x
いろいろおつかれさまでした!

すみたくないところ、いま、まさにそんな時の私です!
でも、住まざるを得ない間は、1日1個、ごみ捨てたり、言われたフレッシュジュースまてはいかなくても、新鮮果物と野菜、とるようにしています。
でもきょうは、クレーマーの人から電話あってどうしようかと思ったんですが、玄関の塩とっかえといたせいか、すんなり切ってくれてほっとしました。
ただ、これから1か月、それ関係に関わる仕事があり、ストレス満載。
食欲がないか、ジャンクにはしったりーで、慌てて新鮮なもの食べて自分を励ましてます。
ところで!まゆみさんが、このブログ続けていて、一番大切なことは、まゆみさんでありつづけることですよ(^ν^)
すぐにブログの読者に答えをだしてあげようとする姿には敬服しています。でも、どうしても、万人がYesではありませんし、取り方も違うのですもの。まごごろで魂を包もうとするために、ブログアップしてるんだけど、たまに伝わらないときもある、それは、精神世界だけでなく、だれしもあることです。頑張ってください。
Commented by kotoe at 2013-04-24 23:58 x
そうですね~。原田さんの言葉で考えさせられます。
夫といることが私を(原田さん流に言えば)完全にしてくれる!と思う反面、夫のどうにもならないことに対してはこれでいいのかな~難しいな~と思うこともあり。自分にしても、原田さんの本にあるように直感を逃さずだったり、「自分の本心や理想からブレていない自分でいる」ことが出来る勇気とか強さがほしいです。
Commented by ゆみ at 2013-04-25 00:37 x
ニューヨークニューヨーク移住を考えています。
まあテンポラリーかもしれませんが。
ブログを拝読しましてなにかメッセージなのかな???とも思いますが、まだブレーキがかかっています。
お金とか仕事とかが心配で一歩留まるところが強く。
背中を押していただけると幸いです
Commented by わーい at 2013-04-25 00:48 x
確かに、人生の意義は自分らしさを一番発揮できる環境、つまり、好きな場所、好きな仕事、好きな相手を探しながら、自分を開花させてゆくプロセスそのものな気がします。


日本にいたときは、「一度はじめたことは仕事でも何でも(学生時代は部活など)とにかく続けなきゃいけない」的な風潮があった気がします。そのためか、たまたま合ってない仕事のせいで、自分の能力の方を疑って自信喪失する羽目になっている人も多い気が。


我慢してると、周りや環境に対して憎しみが増してゆくのかもしれません。間違っているのは環境なのか自分なのかなんて悩まないで、とっとと、ハッピーになれる環境を求めて動くことが大事なのかも!


ところで、原田さんのリーディングを受けたいとなんどかお電話しメッセージを残させて頂きましたが、それでよかったのでしょうか。予約の方法がいまいち分からず、ご教示頂けると幸いです。お忙しいのにゴメンナサイ!
Commented by ビリー at 2013-04-25 13:16 x
そうですよねえ、まゆみさんのおっしゃる通りです。私もボストンに住んでいた事があったので本当に悲しい事件です。難民として受け入れてもらって、奨学金まで頂いて本来ならアメリカに感謝しなきゃいけないのに。。日本は平和です。平和に生活できる事に感謝しなきゃ駄目ですよね。
line

Intuitive advisor's blog from NY / 魂アドバイザーのブログ from NY


by haradamayumi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31