原田真裕美の魂ブログ/ Mayumi's Intuitive Blog

tamashii11.exblog.jp ブログトップ

戦争をなくすには?

今回のコメントのやりとりの発端になった
最初のコメントをくださった方は、
日本がペッタンコにされたなんて書き方はヒドイ!
犠牲者の方の気持ちを考えてほしい!
と、本気で思って書かれたのだと思うのです。

なので私も、そうでしたね...とできたかもしれないのですが、
そのあと、アメリカが善で、民主化のために何してもいいと思っているのですか!
という、全く私が書いも思ってもないことに対する質問がついていたので、
そこで大きく方向変わってしまったわけです。
でもこれも、思ったままを書かれたんじゃないかと思うんですね。
なので悪気はなかったんじゃないかと。
でも、ここが問題なのです。

ここで論議が違うほうに行ってしまうのは問題なのです。
そうでしたね、犠牲者の方に失礼ですね、民主化とはいえ戦争はいけませんよね。
アメリカこそ軍力を振りかざしていますね...
というのも本当なんですが、

私は当時の状況を考えると、
日本が降伏した先がアメリカで良かったと思ってますし、
違う国だったら、どうなっていたことか。ゾ〜!!
日本が勝ってたらどうなってかことか、ゾゾゾゾッ〜!!!

本当は戦争なんてあってはいけないわけです。

でも実際に戦争が起こっているわけで、
負けた国は民主化を強いられるか、
独裁政治を強いられるかと考えると、
やはり民主化じゃないと困る〜!と私は思います。
「権力を守るための戦争」と「自由を守るための戦争」
というのが歴史上ずっと存在していて、

じゃ、それをなくすために、
どうすればいいのか。

私のような一般市民はとりあえず、
戦争するな!!
と言い続けるしかないわけですが、

他の国や民族に対して敵意を抱く人が
いなくならない限り、戦争はなくならないでしょう。

ということは、
ご近所さんを始め、
自分と違う環境に住む人、
他の他県や他国に住む人々に
敵意や差別意識を持つ人がいなくならないといけないんじゃないかと。

そう考えると、
日常の中で、必要以上に差別化していることとか、
無意識に誰かを敵対視していることとか、
そいいうことがなくならないと、いけない。

みたいなことを考え始めると
いろいろ延々と止まらなくなってしまいます。

戦争をなくすために何かできるか、
真剣に取り組むプロフェッショナル.グループや企業が
あってもいいんじゃないかと...
国連とかグリーンピースとかピースコア以外にも、
戦争ゼロのために一般企業が立ち上がったりはしないのかしらん?
経済的に戦争できない状態に持っていってくれる
天才達の出現を願うなぁ〜

でも銃規制もできないアメリカに住んでて、
先日は、4歳の子が6歳の子をライフルで射殺するという事件があったし。
フツーに遊んでいて、4歳児が自宅からライフル持ち出して撃っちゃうなんて!!

とか考えているうちに、

お..ジュリアンを学校に連れて行かなければ...
最近、お疲れ気味のジュリアン、
今日はプリスクール、遅刻です〜。
[PR]
by haradamayumi | 2013-04-23 22:58 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(4)
Commented by わーい at 2013-04-24 03:42 x




デモクラシーと自由が無いがために自分の命が危険にさらされ、そのため自分の命を犠牲にして闘うしかなく、ときに他人の命を奪わざるをえない人たちもいること、その人たちにとってはそうせざるを得ないこと。それが、今の世界の現実なのでは。日本にいたときは、「命の奪い合いはだめだ」の一言で思考停止状態だったけど、実態はもう少し複雑だと思う。ある人から見たら戦争でも、別の人から見たら自由を得るための革命であることも



>日常の中で、必要以上に差別化していることとか、無意識に誰かを敵対視していることとか、そういうことがなくならないと、いけない。



おっしゃるとおりだと思います。自分と異なるもの、自分が知らないものを、警戒してしまったり適視してしまう傾向って、動物の本能かもしれないし、多かれ少なかれ誰しも持っていると思う。それを意識しながら一つ一つ取り除いていけるかどうか。アメリカの素晴らしいところは、多様な民族が暮らしているから、自分の中の差別意識にも向き合わざるを得なくなるところだと思う。人々が自分自身と対話しながら進化してきた国がアメリカであり、尊敬している部分です。
Commented by エリク at 2013-04-24 08:23 x
戦争というのは、背景的に見ると本質的にはビジネスなんじゃないかと思います。だから、やりたくてしょうがない人々がいるということ。

そしてマスコミの演出でそれはいかなる見せ方も出来るという現実があること。

そしてそれが最近、更にエスカレートしているようにも見えます。

だから、流された情報もそれを事実として捉えるのではなく、マスコミというフィルターを通した一種の広告と観るようにしていきます。

私個人に戦争を阻止する力が無いように、基本的に戦争も紛争も私の平和主義を阻止する力は無いように思います。


だから、個人が平和主義を固く貫く…

それが最良の得策かと考えます。

革命や反戦は、過去の歴史が、その無意味さを語っています。
一つの思想やリーダーに委ねるという時点で、それは相対的に同じ物になってしまうから。

私は平和主義、戦争には参加しないし、マスコミも信じていない。だから現場を見てない私はノーコメント。

それが、戦争にエネルギーを与えない一番の方法かな、と思いますね。

個人的に思っていること、でした^^









Commented by きりん at 2013-04-24 22:23 x
こんばんは

これって、捉え方の違いと思うのです。
まゆみさんは敗戦したということだけに対し、書かれたと思います。そして、これを基点に様々な思惑を書かれた。悪い歴史は繰り返すべきではないですよね、ほんとに。
一方、この方は、精神的にまでペタンコにされたという重圧感を感じたのではないでしょうか?日本人魂は捨ててないぞと言いたかったんだと思います。

だから、お二人とも全く悪気はなく、主張する方向と、捉え方、見方が違うんだなと思いました。
だけど、ペタンコというのが、この方にとってはものすごくキツく響いてしまったんでしょうねー。まゆみさんは、敗戦という言葉よりも、ペタンコのほうが、まだ表現的に重くないかな?と思って使われたように感じますが、どうでしょうか? そもそもまゆみさんは海外で暮らしてますから、日本人とは言葉のニュアンスが少し違うので、こういった感覚は伝わらないとまゆみさん自身が辛いでしょうね
誤解は怖いです。でも、いろんな思いはあっても平和を願う心は一緒と思います。
Commented by きりん at 2013-04-24 22:55 x
簡単にいうと、この方は、まゆみさんのこと信じてたのにひどい、そんな考え方!と思った。
まゆみさんは、えぇーっ!違いますよ!?そんな意味では、全くありませんよぉ!

ということだとおもいます。早くお互いの誤解がとれるといいですね。

余計な気の回し方だったら、申し訳ありません。
line

Intuitive advisor's blog from NY / 魂アドバイザーのブログ from NY


by haradamayumi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31