原田真裕美の魂ブログ/ Mayumi's Intuitive Blog

tamashii11.exblog.jp ブログトップ

ショッキングな週末でした

少しご無沙汰いたしております。
1月発売の新刊の仕上げに追われているのと、
学期末の行事に追われております。

スカイプリーディング、お待ちいただいている皆様、
新年1月15日からスタートさせていただきたいと思います。
お正月明けにご連絡さしあげますので、(時間かかってゴメンナサイ)
よろしくお願いいたします!!

日本に在住の皆さんもご存知だと思いますが、
先週、コネチカット州の小学校で乱射襲撃事件があり、
私の息子と同じ年の小学校1年生2クラスの子供達と先生方が26人が
亡くなるという事件がありました。

私は悲しすぎて寝込みそうなくらい具合が悪くなる感じで週末を過ごしました。
子供を失ったら、将来が閉ざされ、生きる理由がなくなるでしょう。
それでも、被害者の親御さんたちは、
「子供の魂と共に生きていきます」と
インタビューに答えていらっしゃいました。
すごい。

あの姿を見ると、軽々しく「死にたい」と言うことは
いかに愚かで、失礼なことかと。

もうこれで、スポーツグッズ屋さんやホームセンターで
機関銃が買えるような時代は終わらせなければ!!
アメリカは銃をスポーツ用品みたいに扱っているところもあり、
開拓時代は銃によって護衛をし、
銃でバッファローを捉えて、命をつないできたりしたという
歴史的なルートがあるわけですが、もう2013年なんですから!
一般人が機関銃を所持する理由なんてないわけです。
服部君のお母さんをサポートしなきゃ。

コメントで、銃社会のアメリカが怖くて行けない
といただきましたが、
みんなが銃を振りかざしているわけじゃありませんので、大丈夫ですよ。
基本的には安全です。
私だって、通り魔のいる日本に子連れで行くのが怖いですけど、
気をつけるしかないと思っていますもの。
世の中、完全に安全な場所なんでないわけです。
とにかく過剰に怖がるのはよくないです。
[PR]
by haradamayumi | 2012-12-19 22:06 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(8)
Commented by きりん at 2012-12-19 23:16 x
入りきらなくなっちゃったので。
人のことをご自分のように心配してくださるまゆみ先生には、さぞかしお辛いことだったと思いますが、どうか、お心、落とすことなく、充分ご休養なさった上で、ますますご活躍ください。

本当にいろいろありがとうございました
Commented by Midwestより at 2012-12-20 12:14 x
銃規制激しく同意します。ただ私の周りではあんな事件があってもなおかつ銃を所持し、銃規制に反対している人が少なからずいるのが驚きです。護身用に車のダッシュボードに入れている人も少なからずいるようですし、、 私の身の回りでも以前銃撃戦がありました。この国に長年以上住んでいてもこの感覚だけはどうしても理解できませんし、ハンティングは文化・スポーツ、という言い分もどうしても好きになれません。
Commented by きりん at 2012-12-20 22:36 x
あー、こっちのも駄目でしたか(⌒-⌒; ) きょうは今から忙しいので手短に。まゆみせんせいの本は、運命に勝つための努力が随所にあります。だからそれを参考に、何にも動じない自分をつくることが大切と思う。 わたしはいま、ストレスなどで、どん詰まりですけど、少しいいこともありました。励ましてくださる方もいたし。 けれど、今回の惨劇は、あすは我が身と受け止める一方、ご冥福を心から祈ります

また、相談にのってくださった皆さんや先生に、その分、いいことがあればいいなと祈ってます
Commented by haradamayumi at 2012-12-20 23:10
きりんさん...公開希望のコメントと、そうでないのとがあると書かれてますけど、判断しかねますので、公開したくないコメントはご遠慮願います。
Commented by haradamayumi at 2012-12-20 23:10
このコメント欄、きりんさんのブログみたいになってきましたから。
Commented by まみ at 2012-12-21 19:20 x

こんにちは。
真裕美さんの「もっとあなたは幸せになれる」を読ませていただきました。

念願の妊娠をしたのですが、
なぜかずっと不安ばかりを感じて
最近おそらく赤ちゃんは稽留流産だろうと言われました。

わたしが不安ばかりでネガティブな発言ばかりをしたから
赤ちゃんがお空へ戻ってしまったのでしょうか?

こんな質問して申し訳ありません

ちゃんと赤ちゃん迎えてあげたかった。
次こそはちゃんと。
Commented by pineslake at 2012-12-21 23:56
アメリカ社会における”銃”の存在、同感です。開拓時代はとっくの昔の話です。なぜ2013年の現在、法に守られている筈が逆に法によって”人民”の危険が増幅させられているのでしょう。持てば使いたくなるのが人の心です。一人でも多くの人が自ら銃を放棄してくれるよう祈ってやみません。
年も押し迫ってきました。忙しさも半端じゃなさそうですが無理のないよう気をつけて下さいね。
Commented by れい at 2013-02-01 12:54 x
こんにちは。
スカイプリーディング、どうやって申し込むのでしょうか
line

Intuitive advisor's blog from NY / 魂アドバイザーのブログ from NY


by haradamayumi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31