原田真裕美の魂ブログ/ Mayumi's Intuitive Blog

tamashii11.exblog.jp ブログトップ

原発再開について

結局、原発は再開されるとのことですが...

魂的には脱原発を願っているのに、
お金の問題で、やはり原発に戻っていってしまう、
というところで、
魂的に目覚めている人は、
またここで人類としての生き方を改善するチャンスを失った!
という焦燥感や憤りを感じるのではないでしょうか。
ちょっと進歩できるかと思ったのに
また逆戻り...といった感じで。

このまま地球を破壊していってしまっていいのか
という不安もありますし。

もともと、クリーン.エネルギーとして
開発された原発も、やはり人間と共存していくには
限界があるってことを思い知らされたわけで...

私の私的な憤りとしては、
この問題は、地球規模の問題なのに、
世界中で積極的に取り組む姿勢や、
世界中から助言や批判などが寄せられるといったことが
今のところ見られないことです。

3.11の漂流物はすでにアメリカに届いていますし、
海に流出した放射能物質も地球全体に流れているはずです。
チェルノブイリやフクシマで空中に放出された放射性物質は
すでに世界中に分散されて、私達の体内に取り込まれているはずですと、
アメリカの物理学者の先生がおっしゃってましたが、
こういう地球規模での問題を、
日本だけで、ましてや町だけで決断されてしまう現状に
すごーい危機感を感じます。

もし私がフクシマ原発によって家を失った被災者であったとしたら、
人生を破壊された憤り以上に、
まるで何も学ばなかったかのように(とりあえず、そう見える)
原発利用に戻っていくことに
きっと行き場のない憤りを感じて
苦悩することでしょう。

今回の経験から、
クリーンエネルギー開発といっても、
その資源の開発だけでは無理で、
消費する私達のありかたも改善されないといけないことを
思い知らされたわけで、
私の中では、そのあたりについて、
これから大変遷を遂げられるのではないかという
夢のような期待が膨らんでいたので、
ガッカリ〜

と、ここで結論を出せるわけではありませんので、
この夢は抱きつつ、
今後の日本の動きを見守るしかできないのですが、
自宅に太陽パネル設置する可能性について
リサーチしてみようと思います。

魂的コンセプトとしては、
天の源である太陽に帰依するのが
正しいのではないかと思うのですけれどね。
[PR]
by haradamayumi | 2012-06-17 06:12 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(14)
Commented by にこにこ at 2012-06-17 16:16 x
本当に私も再稼働には反対です。あんなに辛くて悲しい出来事はもうごめんです。

未来や世界中に影響を及ぼすこの原子力発電はもう終わりにしてもらいたい…

でも、各地域で太陽光発電の素晴らしい取り組みもたくさん出てきているので、希望がもてます。
私もがんばります(o^-^o)
Commented by Violet at 2012-06-17 16:32 x
我が家も先月、太陽光パネルを設置しました。天候や季節に大きく影響受けますので、太陽光パネルですべてをカバーすることはムリですが。壁の塗装をするついでに取付けしました。
私は神戸にいますが、2件隣と斜め向かいのお家も、最近太陽光パネル設置されました。近所の方が設置すると、何となくやってみても良いかもと思いました。少しずつですが、太陽光パネルが身近に感じられ普及すれば、コストも下がるだろうし広がれば良いなあと思います。これで、原発を一基でも減らすことができれば。
やはり電力のない生活はできないですし…やれることをやって前進できれば ꒰ ૢ❛ั◡❛ั ॢ✩꒱
Commented by ぷるる at 2012-06-18 11:18 x
原発の問題は、自分のものとして・・・考えていかなければといつも思っています。
マイホーム建設のときは、絶対に太陽光パネル設置します。
夢をも持って進んでいきましょう!!
Commented by きりん at 2012-06-19 00:37 x
精一杯生きていても、みじめな人生に辛さをかんじる日々の中、原田さんの
自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本にであいました。

いま、皆さんが口ずさむようになった ありがとう についてもすでに52頁にありますね(^_^)

なぜか、世界やとりまく環境は、良くなることだけではなく、??? と私もおもいます。
でもこれが、いわゆる、宇宙には善悪の観念がないってやつかしら?とおもうんですが。
Commented by きりん at 2012-06-19 00:49 x
それで、おもうのが、原田さんの、その本のなかの、198ページにある、
小さなゆめをかなえましょう
大きな夢もかないやすくなります
ということなんですよね。

小さい大きいも、人によってとらえどころ、違うとおもいますが、
原田さんの本にあるように、せめて今を感謝して生きられるようになれればなぁ
ーと思いますが、私には、なかなか難しいんです(T_T) ほんっと!なんとかなんないかなと、試行錯誤をくりかえしていますが。本は、心のよりどころですーー。魂が泣き叫んでいるのを、慰めてくれます。
Commented by きりん at 2012-06-20 01:41 x
追伸
原田さんが、住んでらっしゃる地域は、火力発電が中心ですか?
Commented by ゆう at 2012-06-23 09:16 x
江戸時代の生活に帰れ、
Commented by まさぴー at 2012-06-23 09:28 x
毎週、総理官邸前では、原発再開に反対するデモが行われているようです。昨日のニュースステーションで放送がありました。みなさん、ツイッターの情報を見て、個人の意思で参加されているそうです。
今こそ、個人の力を合わせて動くべき時が来たようです。
Commented by makihari at 2012-06-23 15:58 x
海外メディアには報道されていないようですが、
大飯原発再稼働反対の首相官邸前デモは
毎週金曜に行われています。
http://twitnonukes.blogspot.jp/2012/06/622.html
何か小さいことからでも行動していこう
という風に変えていこうと思います。
Commented by じゅん at 2012-06-26 22:53 x
わたしも二週続けてデモにいきました。人々の意思とはちがう方向で動く政治には失望しますが、意気消沈するのではなく、反対の声を届ける必要があると思います。地球規模で広がる被害にもかかわらず、反対の声が表だたないのは世界規模で原発ビジネスの利権と核開発の競争があるから。命より金の人々の思い通りにさせず、人間が生み出せない自然と子どもたちのいのちを守っていきたいですね。福島の人たちは本当に苦しんでいますが、除染をめぐっても分断させられています。それぞれを敵とせず、粘り強くあきらめず、話しあうことが大切だと思います。愛がいかなる時も大切ですね。
Commented by jazzingcoco at 2012-06-28 10:28 x
真裕美さん、今、日本です。
私も自分に出来る事から行動したいと思っています。
明日29日金曜日、国会議事堂前へ夕方6時に行ってきます。何もしないでテレビやネット上であれこれ文句を言っても何も始まらないですもんね。時間がある方は一緒に歩きましょう。
http://www.youtube.com/watch?v=17Z4SAUj4UY&feature=player_embedded
(このリンクは削除していただいても結構です)
Commented by ゆうこ at 2012-07-02 15:54 x
すみません、原発の話ではないのですが…

1か月前に4年の闘病の末、父親が息を引き取りました。59歳でした。
最期の瞬間には家族は間に合わず、父は病院でたったひとりで亡くなりました。
隔離病棟での入院だったのでなかなか頻繁に面会にも行けず
せめて最期は家族一緒にいてあげたかったという思いが今でも少しあります。

でも、父が亡くなる前にまゆみさんが
「魂が自分の身体を抜け出る瞬間、
ひとりっきりを選択する人がたくさんいる」
とブログで書かれているのを読ませていただいていた事で私の心は救われました。
この言葉がなければ、きっとずっと後悔や自分に対する怒りとかも
もっと強く感じていたと思います。
ありがとうございました。
間に合わなかったけれど、言葉はなかったけれど
(元々病気で2年前から話す事もできませんでしたが…)
なぜか「お父さんはもう十分だから。絶対に幸せになりなさい」
というメッセージがまだ温かい彼の全身から強烈に伝わってきたように感じました。

色々な事が今年に入ってからそぎ落とされてゆきます。
ゼロになった直後のエネルギーに魂を研ぎ澄まして、必ず幸せになります。
Commented by ひかる at 2012-07-04 12:45 x
はじめまして。
原田さんのブログにたどり着きました。
私は、原発事故で福島県内に避難しております。原田さんの本は、自宅に置いてきたままです。あの時のまま、私の時は止まってしまっようです。でも、1日1日と、月日は流れていきますね。
このブログを読んで、励みにしています。
ありがとうございました。
Commented by スーパーマミー at 2012-07-04 15:22 x
ゆうこさんのコメント見て感慨深いものを感じております。
真裕美さんのブログのコメント欄にて少しお邪魔を致します。

ゆうこさん、あなたのコメントの内容を読んで心が洗われました。
お父さまの最期を一緒に〜という思いとは別にお父さまがお一人
で逝かれたことをまゆみさんのメッセージにより救われて
そこからしっかりと前に進まれている様子をお察し致しました。
まゆみさんのおっしゃるゼロになった直後のエネルギーに
集中してらっしゃることも文章から伝わってきます。

私も父を亡くして持て余していた感情をまゆみさんのブログ
にあった『この世を去った人をあれこれ心配するようなことより、あの世の魂が意外とあっさりとした状態でいることが多いから、そっとしておいてやるのがいい』というメッセージで肩の荷が下りたような救われた経験をしました。

原発の話ではないのですが人の生が死によって生き生き出来る
ことを思い出させていただける内容のメッセージだったので
ついコメントさせていただきました。

ゆうこさん、幸せになってください。
まゆみさん、いつもブログや本の執筆をありがとうございます。


line

Intuitive advisor's blog from NY / 魂アドバイザーのブログ from NY


by haradamayumi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31