原田真裕美の魂ブログ/ Mayumi's Intuitive Blog

tamashii11.exblog.jp ブログトップ

天が開く歌声

歌の上手な人はたくさんいるのですが、
「天が開く」ような歌を歌える人って、
ほんとうに数少ないと思うんですね。
ことにポップ.スターの中では。

ホイットニー.ヒューストンはその数少ないひとりで、
他にもスティービー.ワンダーとか、
ダニー.ハザウェイとか、
そういう天が開く歌に導かれて
私はアメリカに来たとも言えると思うのです。

天が開くような歌は、
パワーだけでもなく、
声質だけでもなく、
奇跡的な色んな条件が見事に重なって可能になると思うのですが、

彼女自身は、
ドラッグに身を乗っ取られてしまって、
天の扉がなかなか開かなくなってしまったことが
一番辛かったのではないかと
思ったりします。

人って、
自分に厳しいもので、
自分を戒める思いは
自分の存在を消そうとしてしまうくらい
パワフルなものだと思います。

だからこそ、
自分に正直に、誠実に、清らかに生きないといけない。
自分の怒りに自分を破壊されてしまうことにならないように。

今日も清らかに生きましょう〜
[PR]
by haradamayumi | 2012-02-28 00:33 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(10)
Commented by fumi-doumyouji at 2012-02-28 01:00
ぐっときました。ありがとうございます。
怒りって、人に対してのように見えて、ほんとは自分に対してのことが多いように思います。
自分の許せない部分を人の中に見ていたり。
だから、できるかぎり自分に誠実に生きたいと思います。
Commented by ちょろのり at 2012-02-29 00:41 x
人生って重たいから…、重さつらさにたえかねてドラッグを使って戻れなくなってしまったんでしょうか。。

死ぬまで自分の人生、重みや嵐に耐えてふんばって光のさすほうに、ピュアですすみたいです!ホィットニーの分まで。。


亡くなってから残念がるなんてなんかひきょうだなと思ってしまう私です。ドラッグばかりでだめだ彼女、と離れていった人たちが(もしかしたら?)亡くなってから、美しい時代を残念がって、なんだそりゃ?と。

なんかうまくいえませんが、
自分はだめだ!と暗くなっても、生きてるうちに、そんなことないよ!て態度で示せる人間でいたいです。
Commented by piyopiyobunbun at 2012-02-29 01:38 x
こんばんは。ツイッターも見ています。久しぶりに書き込みです。やっと元気になってきたところです。苦しくてマユミサンの本読み返しました。怒りについては何回も著書の中で教えてもらっているはずなのに、不思議と今回はすごく納得、というよりわかった・・といった感じでしょうか。わかった・・というのもなんか違う。悟った・・というと大げさだけど自分なりの悟りみたいな感じです。意地悪な人がいて、だんだん、がまんが怒りに転じていて、しかも、いじめるな相手に負けてはいけない!といわれて負けまいとしてきたのですが、自分がつぶれ、結局負けたみたいになって鬱状態・・でも最近他にも色々経験してハッと気づkました。負けてはいけないのはその人ではなく、自分の運命にだ・・といじめられて人生が無駄になっていくよりも、そういう人に出会うという運命を自分で変えていかなくてはいけなかったのはないか、その人に負けないようにと思うあまり、とらわれすぎて、自分の歩く道がそれてしまっていたなって・・そういう自分の道を歩く障害がある運命に負けず、強い意志で自分の道をまっすぐ見つめていかなくてはいけなかったなって・・
Commented by ぴよぴよ at 2012-02-29 01:41 x
すみません・・続きです。
そういう自分の道を歩く障害がある運命に負けず、強い意志で自分の道をまっすぐ見つめていかなくてはいけなかったなって反省しました・・相手ではないのですね。
怒りというのは自分の道や感覚を狂わせる、物ですね。今から道をもどしながら乗り越えて行けたらと思いますが、アドバイスお願いします
Commented by ゆう at 2012-02-29 13:20 x
本当に、そうだと思う、ホイットニーのようなシンガーは現れるのかな?うたの上手な人はいっぱいいます!カーペンターズのカレンさんも綺麗な英語と完璧な歌い方を、素晴らしい歌声で、天才的な人って自分を追い詰めてしまう!天才がゆえに悩み苦しむ。
Commented by キミー at 2012-02-29 16:17 x
戒める、ではなく、己を否定したり、という意味ですよね?戒めはネガティブなことではないので、用法が違うのでは?と思いました。細かくてすいません、でも話の核心部分なんで、大切かと。
Commented by キミー at 2012-02-29 23:59 x
立て続けにすいません。
この文脈ですと、戒める、ではなく、卑しめる、が正解では?
Commented by キムニール at 2012-03-01 00:36 x
まさに私の悩みだったり、苦しんでいたことの本質を教えてもらった気がします。自分に対する怒りって、消化したつもりでも時折蘇ってきて。真由美さんの本に出会ってからはメディテーションをしたり、なんとか消化できるよう頑張っています(^_^;)自分に正直に誠実に清らかにという言葉が、身にしみて感じます。
Commented by masumi at 2012-03-02 18:14 x
はじめまして。真由美さんの本の愛読者です。
私は、今自分に誠実に生きようと根こそぎ、本音をさらしわだかまりも何もない状態にしようと、自分と関わった人にも伝えています。しかし、人間っていろんな価値観があり、なかなか全てが和解ともいかないのかな。。そもそも自分が本心をさらけ出しても相手がさらけ出したくない場合もあり。。真由美さんにコメントできて光栄です。一度で良いから真由美さんに歌を教わってみたいな。。私は金沢に住んでいます。
Commented by ayako at 2012-03-04 04:55 x
「もっと自信を持ちなさい」と、繰り返し何度も言われます。
自信を持とうと思っても、過去の失敗や他人から受けた言動に縛られていて、自分自身を肯定できないでいます。
「自分に正直に、誠実に、清らかに生きる」ために、自分の魂の本当に望むこと、自分自身を理解し、大切に思うことから始めてみます。
ありがとうございました。
line

Intuitive advisor's blog from NY / 魂アドバイザーのブログ from NY


by haradamayumi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31