原田真裕美の魂ブログ/ Mayumi's Intuitive Blog

tamashii11.exblog.jp ブログトップ

無形の価値

ホントに子供って...
オモチャが欲しいとか何とかいいますが、
静電気であんなに楽しめるなんて。
結局、何もいらないわけです。

今日も、ダディーからもらった
特大段ボール箱で、4時間くらい遊んでましたから。
基地だ〜!とか何とか言って。

あれがない、これがないから
不幸!
ってのは、彼らにはないわけです。
何もなくても、盛り上がれる。(ということは、オモチャを捨ててもいいってことでしょうか)

あの発想から学ばなければ。

コメントにもいただいたように、
最近の幼児虐待ニュースが続々と報道されているわけですが、
躾で子供を叩くなんてのは、
絶対ダメだと思います!
子供を叩くのは、百害あって一利無し!
叩くのは絶対に反対派です。
躾になんてならないし、弱い者イジメだし。
非人道的!誰が何と言おうと、絶対反対!!

日頃、しっかり可愛がってあげていたら、
どんなにやんちゃでも、
本気で怒ったら、ちゃんと言うこと聞きますから。

親が根気がないとか、短気だとか、うまく説明できないと、
そのストレスで体罰を与えて、躾とか言うわけです。

私の母なんかも、
赤子と鉄は赤いうちに叩けって言い伝えがあるよ、
なんて本気で言ってましたし、
叩くのは当然くらいに思ってるみたいでしたけど、
とんでもない〜!

子供を躾けるためには、
まず自分がちゃんとしないといけないことって、
いっぱいあるな〜って思います。
[PR]
by haradamayumi | 2011-09-10 13:38 | Inspiration/インスピレーショ | Comments(11)
Commented by まさこ at 2011-09-10 21:37 x
ちょっと前のCMで「物より思い出」と言うのがありました。本当にそうなんだと思います。男女間でも家族でも本当に必要で大切なのは、愛情、思いやりやなんだと思います。凄い難しいとも思います。
私は虐待されてきたし今も囚われて生きています。自分も愛せません。彼もわからない。人も信じられません。私の学びは何なのでしょうね。もう嫌です(;_;)
Commented by yukiko at 2011-09-10 22:28 x
まゆみさん、はじめまして。
いつも励まされています。
うちの娘は10ヶ月です。
この間、植木鉢をイタズラしていたので(ダメだとわかってやっている様子だったので)はじめて叱りました。言葉だけですが、ちゃんと伝わりました。確信をもって、叩かないで育てようと思います。
短気で根気のない私なので、まゆみさんからの気付きを繰り返し自分に言い聞かせながら、毅然と叱れる母になれるよう、成長していきます。子育ては私にとって自分育てです。痛いなと思う気付きも多々あり、へこみそうにもなりますが、今を楽しんで進んでいこうと思います。勇気をもらいました。ありがとうございました。
Commented by ちびこ at 2011-09-10 22:53 x
ほんとにそうですよね、でも、そう出来ない人だから子供を持つという経験を通して学んでるのかなぁ、とも思います。
周りを見てても、叩くとかって、親が当り散らしてるだけなのでは?と思ってしまいます。まあ、私にこどもがいないので、えらそうなことは言えませんが。

私も、小さい時、父が無心に私や兄弟を殴っているのを見て何故なんだろう、とずーっと思ってました。 学校でも、殴るのは愛情表現だ!っていう先生が沢山いて、18歳ぐらいになるまで、結構感覚が麻痺してました。

でも、その後、であった大人たちや外国の人たちの対応の仕方を見ていて、殴るより、愛情や理解をもって語りかけ方がずっと人の心には沁みるのだなあ、と思い直しました。
殴られていると体を固くして自分を守ってるぶん、こころもフリーズさせてますから。なにも良いことは無いです。
Commented by たかこ at 2011-09-11 00:28 x
躾の為にタバスコを飲ませる母…とかDR PHILでやってましたけど。行き過ぎですよね。(勿論、罰せられたみたいですけど)
私が通ってるジムで、幼児を連れたお母さんが、すごい剣幕で自身のお子さんを叱ってるのを見かけるんですけど、聞いてみると(聞こえてくる)お母さんがただストレスアウトしただけ…とか。もし、私が親になれたら、”こんな風にはならないぞって!”誓いの毎日です。
Commented by とちおとめ☆ at 2011-09-11 14:19 x
暴力で解決しようとしても、ダメなんですよね。
私は子供をもっていませんが、児童福祉実習の最中です。

子供の目線になって、目を合わせて、どうして先生が叱ってると思う?ときくと、ちゃんと悪いことをしたって分かってる返事がくるんです。

同じ目線で、目を合わせて伝えるだけでも、子供たちはちゃーんとわかってくれるんです。
Commented by Yummy at 2011-09-11 19:49 x
子育てして思ったのですが、子供叩かないといけない!っていうくらいのことはほとんどないなと思いました。言葉だけでことたりたかなと。私の母は、ちょっとしたことでもこども達叩きまくっていましたが、今から思うとあれはストレス発散だったのかもと思います。叩くひとは必ず”躾”と言いますが、小さなこども育てた経験からいうと”違うでしょう~”です。
子育ては、ほんと忍耐力を養ってくれましたけど、小さなお母さんが子育て疲れを癒せるスペースや気軽に相談できるところを国も本気だして
作らないと行けないんじゃないかと思います。
Commented by みさやん at 2011-09-11 20:53 x
小さなスーパーで大声で泣き叫ぶ3歳ぐらいの女の子とジャージ姿の若いお母さん。
何を言っても泣き止まない子供。
周りの人達がチラチラ見てる。

お母さんはイラだってる。
ついに周りの目やささやく声に
いたたまれなくなったのか泣き叫ぶ子供の手を強く引っ張って
かいものカゴ置き場にカゴを乱暴に戻して買い物をせずに店を出て行った。
買い物カゴ置き場の横で
清算を済まして買ったものを袋詰めしていた私はガラス越しにお母さんと子供の姿をみました。

自転車の後ろにもう一人幼稚園児ぐらいの男の子がポツンと乗っていました。
女の子を前に設置した幼児椅子に座らせてお母さんは自転車で走っていきました。

夏のお昼間でしたので留守番の男の子も炎天下の下 暑かったでしょう。

ただ 私が気になったのは どうしようもなくお母さんがイラだっている事でした。
私自身も父親の介護で自分が嫌になるほどイラだった時期がありました。
自分では[駄目だ、こんな自分は嫌だ」と頭では理解しているけれど苛立つ感情。
若いお母さんもそうゆうマイナスな迷路に入っているのではないかと思った日でした。なんだか切なかったです。
Commented by kotoe at 2011-09-11 23:16 x
そうですね、子どもってちょっとしたことで大笑いっていうこと結構ありますね。気もすぐ変わりやすいですし、欲しい物も変わりますし。見るとすぐ欲しくなったり、やりたくなったりという感じです。
子どもの躾とか叱る、というのって難しいって感じることありますね。
本当に言うこと聞かない時って、もうどうしていいやら、何を言ってもダメで、お手上げだ~って。こちらがイライラしていると余計にかもですし、眠いときもそうかもですね。

自分に出来ていないことを子どもに言ってもダメなんでしょうね。それだったら何も言わない方がいいくらいに、何かの本に書いてありました。
つい、自分のことは棚に上げて、というか忘れて小言になってしまいますが、ふと、まるで自分のしていることだって気付くことも結構あって、面白い、「う~ん」って考えさせられます。

今日は、夫の誕生日だったので、ささやかにお昼ランチに出掛けて、アスペルガーの夫は一人でしゃべりまくり、私は子どもの食事を見ながら食べまくり、食べ過ぎ状態の1日でした。
Commented by tomochan at 2011-09-12 22:16 x
真裕美さん☆
いつもすてきなブログありがとうございます。
今日は、中秋の名月で、お月様がとても美しく輝いています。

『日頃、しっかり可愛がってあげていたら、
どんなにやんちゃでも、
本気で怒ったら、ちゃんと言うこと聞きますから。』
心にとても響きます。ご縁があって、時々子供たちの
勉強や生活を見る機会があるのですが、静かに勉強したいときにおしゃべりが続いたり...。どのように考えたらよいか、すこし困ってしまいました。
日ごろから、子供たちを本当にかわいがってみようと思います。子供は大好きなので、静かにさせようとかでなく、
子供たちをかわいがり、どのようにしたら子供たちが生き生きと生活していけるか、考えてみたいと思います。
ありがとうございます。
Commented by なおりんご at 2011-09-13 12:54 x
体罰もだし、精神的虐待を受けてきた子どもは
身体が弱く育ち、25歳までに何らかの症状や病気が出るそうです。私は、機能不全家族の中で育ち、両親の行動に振り回され、裏切りなんかも何度となく経験し、泥沼の中を生きていました。家族に恵まれた人には、絶対わからない。それでも親には感謝しろときれいごとを言われる。親にかかわると幸せになれないのであれば離れる選択もありだと思うのです。自分の人生を生きることや自分を守ることも必要だと思うんですね。
もし、虐待をされている子どもや本当に家族関係のつらい子供が助けられる社会であったら本当にいいなと思います。気にかけてくれる大人が一人いるだけでも違ったと思います。閉鎖的な核家族、子供にとっては地獄かもしれません。
Commented by だいぶ元気が戻ったジェシカ at 2011-09-15 20:24 x
体罰、、一言ではかたずけられない問題ですね。たたく親自体助けが必要ですが、それを支える社会が未熟になっている事を感じます。でも答えは社会という漠然とした物の中ではなく、私達1人1人の自分のあり方にあるのでしょうね。どこの立場に自分が
立っていようと、子供をしかる、親を批判するのではなく、そこで自分の魂がどうあるか。振り返ってみて確かに核家族は大変でした。私は子供のそばで息子夫婦、孫を見守れる距離にいたいとこの頃思います。
line

Intuitive advisor's blog from NY / 魂アドバイザーのブログ from NY


by haradamayumi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31